美容歯科

口腔内粘膜アロママッサージ

 

ふじた歯科ではアロマオイルを使った口腔内粘膜アロママッサージを行っています。

■アロマテラピーとは

アロマ=芳香、テラピー=療法を意味し、アロマオイルには様々な作用があるといわれています。
鼻に入った香りは嗅覚神経を経て、脳の真ん中にある「大脳辺縁系」に伝えられます。 「大脳辺縁系」とは外界からの刺激を素早く判断する大切な器官です。その部位に香りが伝達されるわけですから、香りが感情の微妙な変化に関係しているということがわかります。
またアロマオイルの精油が皮膚や粘膜を通して血流に乗り体内に入る経路もあります。

アロマオイルはその成分によって様々な効果があります。

ふじた歯科で使っているアロマオイル「デンタルK」の紹介をします

デンタルKには
  • ティーツリー
  • ローズマリー
  • ラベンダー
などが配合されております。

デンタルKに配合されているオイルの一般的な作用

殺菌、精神安定、花粉症、ふけの防止、消毒、火傷、関節痛の痛みの軽減、咳や風邪、しみ・しわの予防、鎮痛、防虫作用 口腔内での作用 歯周病予防、口臭の予防、歯垢の付着を軽減、虫歯の予防、歯ぐきの引き締め、歯ぐきの色がピンク色になる、お口のねばねば感が緩和する、など

使用例、使用法

ふじた歯科では、メンテナンス時に必ずデンタルKとハーブペーストによる歯肉のマッサージを行っています。 ホームケアとしてはブラッシング後に指に一滴つけマッサージすると、口臭、歯周病(上記の作用)などに効果的です。
ふじた歯科のメンテナンスで取り扱っているオイルは最高品質のオイルになっております。

診療室内では患者様がリラックスして治療をうけていただけるように各台にアロマポットの香りを漂わせております。
曜日別に様々な香りを用意しております。今回の香りはオレンジです。フレッシュですっきりした香りです。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください