唾液検査

虫歯になりやすい人、なりにくい人の違いは歯磨きの方法や回数だけではなく、飲食の回数、唾液の量、性質、虫歯菌の数などが大きく関わります。

ふじた歯科では、唾液を採取して唾液の量、性質、虫歯菌の数を調べます。検査の結果に応じて、患者様に合ったオーダーメードの治療や予防方法を提案させていただいています。

ふじた歯科に初めて来院された方、久しぶりに来院された方を対象に行っております。

唾液検査の方法

唾液検査唾液検査の方法

当院ではライオン(株)製のSMT(Salivary Multi Test)他項目・短時間唾液検査システムを使用しています。

お口の中の唾液の成分を元に、6つの項目について評価を行っています。

検査結果をもとに患者様に合ったオーダーメードの治療や予防方法を提案させていただいており、効率よく虫歯や歯周病を予防することができます。また、唾液の成分を知ることで現在だけではなく今後のお口の中の状態も予想ができるため、それに応じた指導を行っています。

お口の唾液を取った後10分ほどで検査結果の用紙が完成します。


検査項目は以下の通りです。

    唾液検査
  1. 虫歯菌

    虫歯菌の数が多いと、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着しやすく、歯の健康を損なうことが知られています。

  2. 酸性度

    唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解しやすいことが知られています。

  3. 緩衝能

    唾液には虫歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いとエナメル質などの歯質が溶解しやすいことが知られています。

  4. 白血球

    歯と歯茎の間で細菌や異物が増加すると、生体の防御反応により唾液中の白血球が増加することが知られています。

  5. タンパク質

    口腔内細菌や歯と歯茎の間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。

  6. アンモニア

    口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になると言われています。

唾液検査は\2,000+税となっており、希望者に検査を行っています。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください