インプラントとオゾン療法

オゾン療法

長崎県 諫早市の歯科 ふじた歯科ではインプラント治療や抜歯、歯周外科などの外科治療の際に、オゾン水やオゾンジェルを使用するようになり、良い結果が出ておりますので報告します。

オゾンはO3で、酸素O2にOが1つついたものです。O3がO2とOに分解することで作用します。特徴として脱臭、殺菌、脱色、有害物質の分解などがあります。このオゾンを医科領域に利用することにより、抗炎症、抗アレルギー、免疫賦活効果、創傷治癒促進効果、止血効果、鎮痛効果などに成果をあげています。

インプラントとオゾン療法現在、細菌に対抗するものとして抗生物質が一般的に使用されますが、MRSAなど耐性菌の出現があり、人類と細菌はいたちごっこを続けています。WHO(世界保健機関)も耐性菌の世界的拡大を受けて、「抗生物質の乱用を避け、処方を最低限にしようという」呼びかけをしています。

オゾンを利用する殺菌は、細菌の細胞膜に直接作用し、細胞膜を破壊することにより殺菌するため、耐性菌はできないといわれています。

同様な機能水で電解水(酸性水)が歯科で浸透しましたが(当院でも使用しております)効果の主体は次亜塩素水です。

次亜水は食品業界の野菜の殺菌や、スイミングプールの塩素消毒などで使われていますが、それよりももっと安全で体にやさしいオゾンが使用され始めています。
野菜のオゾン消毒、スイミングプールのオゾン浄化システム、またタオル業界でもオゾン漂白タオルの出現など各業界にオゾンが使用され始めているのです。

オゾンが必要な理由として、抗生物質の乱用による薬剤耐性菌の出現、ウイルス性疾患、新興感染症の増加、粘膜などに適用できる消毒薬の少なさ、環境に負荷をかけない消毒薬が必要ということです。

実際、当院で使用しているオゾン水は、出来立てで5ppで、30分もすると2ppmと効果が軽くなります。ですから出来立てを使用するのが重要というここです。また、なるべく半減期を長くするために、オゾンジェルやオゾンクリームが開発されています。

先日も上顎左側のサイナスリフト(上顎洞底拳上手術)を伴ったインプラントオペに使用し、術後の疼痛、腫脹が軽くなるなど良好な結果を得ました。

歯科以外でも、下腿静脈瘤において様々な被覆材、軟膏処置を行っても改善しなかった症例に、オゾン水で洗浄しオゾンクリームを塗布することにより良好な結果をえた報告が多数なされています。

インプラントとオゾン療法 インプラントとオゾン療法

オゾン水、オゾンジェル、オゾンクリームを歯科に適用し、安全で耐性菌を作らない画期的な方法として、良好な結果を得ていますのでこれからも、インプラント治療や外科治療、また口内炎治療などに使用していきたいと思います。

 

【ふじた歯科 インプラント相談サイト】

インプラント相談サイト

【ふじた歯科 インプラント専門サイト】

インプラント専門サイト

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください