長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。     歯に関するお悩みは、プロフェッショナルなふじた歯科へ

ふじた歯科
  • アクセス・診療案内
  • オンライン予約
痛くない歯医者さん
ふじた歯科が選ばれる理由
インプラント 審美歯科 予防歯科 矯正歯科 義歯(入れ歯) ふじた歯科紹介

口コミ

歯科100選

スタッフ紹介

訪問診療

費用

点滴療法

アンチエイジング

SPECIAL MENU
インプラントサイト インプラント相談サイト
歯周病サイト インプラントサイト
矯正サイト 点滴療法サイト

ブログ

  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • オンライン予約
  • アクセス

◆◆◆ 義歯(入れ歯)・関連メニュー ◆◆◆  ➤ ふじた歯科トップページ

入れ歯

入れ歯とは専門的には、可撤式義歯(かてつしきぎし)と呼びます。 可撤というのは簡単に言えば、取り外しが可能という意味になります。 入れ歯はインプラントやBr(ブリッジ)と同じ、欠損補綴(歯を失った所に歯を作る)の選択肢のひとつです。 他の2つの方法と比較した時、インプラントやBr(ブリッジ)が固定式(自分では外せない)なのに対し、入れ歯は取り外しが可能という点が大きな違いになります。

◆ 入れ歯の種類(構造上の分類)

①部分入れ歯(局部床義歯)


※( 奥歯に装着した部分入れ歯)
残っている自分の歯にバネをかけ維持をとる入れ歯です。
歯と歯茎で入れ歯を支えます。
入れ歯の範囲が大きくなる場合、遠くの歯にまでバネを延ばすことがあります。

②総入れ歯(総義歯)


※( 上あごに装着した総入れ歯)
歯が1本もない時に装着する入れ歯です。
歯茎にのせるだけの形になるため、部分入れ歯に比べ入れ歯の範囲も大きく、外れやすくなります。

◆ 入れ歯の利点

●Brと比較した場合 

  • 健康な歯を削る量が少ない。 (バネをかける歯は少し調整する必要があります)
  • 着脱可能なためお手入れがしやすい。(入れ歯のお手入れ方法はこちら)
  • 歯を削る時間も少ないので治療が楽

●インプラントと比較した場合

  • 外科手術が不要
  • 費用が安価
  • 作製が容易で治療期間が短い

◆ 入れ歯の欠点

  • 違和感が大きい。
  • 金属のバネを使用した場合)審美性が悪い。
  • 食事や会話中外れることがある。

ここに挙げている入れ歯の欠点は保険の入れ歯のものです。
欠点を改善するため、ふじた歯科では自費の入れ歯も製作しています。

●違和感に対しては⇒入れ歯の厚みを薄くする金属床義歯
●審美性に対しては⇒金属のバネを使わない審美性義歯
●外れやすいことに対しては⇒オーバーデンチャー

◆ 入れ歯を初めて使用される方へ

入れ歯の治療は、入れ歯を作った時点が終わりではありません。
装着した後で、何度も調整し患者様の口に適合するよう何度も調整が必要です。
というのも、入れ歯は石膏模型上で作ります。
石膏は固いですが、実際に使用する口の中は歯茎があり、歯茎は柔らかく弾力があるので、模型上で作った入れ歯が何の調整もなく口に馴染むことはありえません。
口や歯茎に馴染むように、入れ歯を装着した後も何度か来院頂き調整していきます。

また、入れ歯の治療は歯科医ががんばれば満足いくものができるかというとそういうわけではありません。 歯科医同様、入れ歯を装着した患者さま本人も入れ歯を使いこなす努力が必要になります。

■患者様に努力して頂くこと

その1 【違和感】

どんなによい入れ歯を作っても、入れ歯である限り違和感は必ずあります。
口の中は髪の毛1本入っても気になるくらい繊細な器官です。 入れ歯のような大きなものが入れば違和感はあって当然です。
慣れる期間は個人個人で違いますが、患者様の努力が必要です。

その2 【発音】

入れ歯を装着すると口の中の空間が狭くなり、発音がしにくくなります。
特にサ行やタ行のように口の天井部分(口蓋)に舌を当てて出す音がうまく発音するのが難しくなります。 発音も練習し自分でものにしないといけません。

その3 【食事】

今までの自分の歯とは違い、入れ歯になると食べ物も今まで同様には噛めません。
生まれもった自分の歯の噛む力が100とすると入れ歯では30程の力でしか噛めないからです。 入れ歯を装着した始めのうちは柔らかい物から順に食べていって、段々硬い物にチャレンジしていくこと推奨しています。

 

◆ 入れ歯の種類

現在お使いの入れ歯に不満がある方へ、ふじた歯科では色々な種類の入れ歯も作製することができます。
いろいろな不満に応じて、ふじた歯科がオススメする種類の入れ歯を紹介します。

【不満1】金属のバネが目立って嫌だ。

入れ歯入れ歯

歯茎に近い色で目立たない、樹脂のバネを使った審美義歯がおすすめです。
バネが歯茎の色の合成樹脂でできている種類の入れ歯で、前歯にバネをかけなくてはならない場合でも、自然なため、見た目を気にされる女性の方に特に人気です。

【不満2】入れ歯を作ったがすぐ割れてしまった。

保険の入れ歯はプラスティックでできているため、耐久性に欠けます。 耐久性を上げるため、入れ歯に金属を組み込んだ金属床義歯があります。
特に、噛む力の強い方、顎の発達したガッチリとした体型の男性は金属床義歯の使用をオススメします。

【不満3】入れ歯を入れると喋りにくい。

金属床義歯発音がしづらくなる原因に、上顎の天井部分(口蓋部)の入れ歯が厚いことが挙げられます。保険の入れ歯ではプラスティックの強度を保つため、ある程度厚みが必要です。
その点、金属であれば強度を保ったまま薄くすることが可能なので、金属床義歯を使用してみるのも一つの方法になります。

入れ歯金属床義歯は温度を感じることができるというのも特色です。

料理や飲み物も温度を感じる感じないでは美味しさも変わってきます。

ご飯が美味しく感じるようになったというお言葉もよく頂きます。


【不満4】入れ歯が当たって歯茎が痛い。

プラスティックを使う種類の入れ歯は、歯茎に当たる部分が硬いため、どうしても慣れないという方もいます。そういった方にはコンフォート義歯の使用を勧めています。

コンフォート義歯とは、入れ歯にシリコンを裏打ちした種類の入れ歯です。歯茎に当たる部分に弾性のあるシリコンがくるため、吸着力もあり、痛みもなく使用できます。


【不満5】入れ歯が外れやすい

入れ歯は、特に総入れ歯というものは歯茎にのせているだけなので、必ず外れます。外れない入れ歯の種類にインプラントオーバーデンチャーというものがあります。

■インプラントオーバーデンチャーとは?

顎の骨にインプラントを植込み、そのインプラントに磁石などのアタッチメントを取り付けます。入れ歯にもインプラントとくっつくようなアタッチメントを取り付けます。 入れ歯とインプラント同士のアタッチメントを組み合わせることで顎から入れ歯が外れることなく使用できます。

オーバーデンチャー簡単に言えば、顎と入れ歯にボタンをつけてとめるといったイメージです。
取り外しは患者さまご自身でも可能で清掃も容易です。

 


◆ 入れ歯 Q&A

Q 初めて入れ歯を使うことになったのですが、どうやってお手入れしてよいかわかりません。お手入れの仕方は?
A 入れ歯のお手入れの方法は、①ブラッシング②洗浄剤での洗浄があります。

①ブラッシング
入れ歯のブラッシングは専用の義歯ブラシを使い磨きます。 磨き方は汚れが取れるように、しっかりこすって下さい。

※注意点
歯を磨く様の歯磨剤には研磨剤が含まれています。 入れ歯ブラッシングの際、研磨剤入の歯磨き粉を使用すると表面に傷が入り、細菌や汚れが付着しやすくなってしまいます。 研磨剤なしの歯磨き粉を使用するよう注意してください。

②洗浄剤での洗浄
入れ歯の洗浄には専用の洗浄剤を使用してください。 化学的に細菌を除去する効果があります。 洗浄剤はつけおきして使用しますが、ブラッシング後が効果的です。 ブラッシングによる機械的清掃、洗浄剤による化学的清掃の両方が重要になります。どちらか片方ではなく両方ともしっかりと行ってください。

Q 自分の歯があまり残っていないのですが、寝る時も入れ歯はつけないといけないのでしょうか?
A

残っている自分の歯の本数や、噛み合わせ、歯ぎしりや顎の痛みの有無などによってどちらがよいか変わってくるため一概にはお答えできません。必ず担当の歯科医師に確認してください。

※入れ歯を外して寝る場合の注意事項
入れ歯は絶対に保存液に入れて保管してください。入れ歯は長時間乾燥させると、材質の変性や、ひび割れを起こす可能性があります。
※入れ歯を装着したまま寝る場合の注意事項
入れ歯を装着したまま寝る場合であっても、寝る前に必ず入れ歯の清掃を行ってください。汚れた入れ歯をつけて寝ると、歯茎が炎症を起こすことがあります。

Q 上の入れ歯がパカパカ落ちてくるのですが、安定剤は使ってもいいでしょうか?入れ歯安定剤の使用は歯科医師によっても様々な考え方があると思います。
A

私の意見としては、入れ歯は(特に総入れ歯は)歯茎にのせて使用するもので食事 中や会話中に外れることは避けられないと思います。(オーバーデンチャー等は除く)できる限り入れ歯の調整により、外れにくいように改善しますが、限界はあります。
顎骨の形状や、残っている骨量、歯茎の状態により、どうしても調整では改善できない場合、安定剤の使用もQOL(患者様の生活の質)向上させる一つの手段と考えます。

現在多くの種類の安定剤が市販されており、ジェル状のもの、ペースト状のもの、パウダータイプ、シートを貼り付けるもの等どれを選んでよいかわからない、とよく相談を受けます。 私はどれがオススメというものはありません。何種類か試して頂き、一番ご自分に合うものを使用されて構いません。 顎の形状や状態云々ではなく、使い心地がよいなどで選んでいただければと思います。

Q 私まだ52歳なのですが、同じくらいの年齢で入れ歯にしている人はいるのでしょうか
A

入れ歯を使用している方の年齢を歯科疾患実態調査のデータで調べてみました。歯科疾患実態調査というのは6年に1度、厚生労働省が行っている検査です。最新のデータはH23年に行われたものです。調査対象は15歳以上になっています。

それによると、25歳以下では入れ歯の使用はなく25~29歳で0,8%、そこから50歳未満までは5%以下になっています。50歳を超えるあたりから多くなり50~54歳で10,1%、65歳以上では50%以上と半数を超える人が入れ歯を使用しているようです。
この調査はもちろん国民全員を対象にしているわけではないので正確さは保証できませんが、概ねこのような割合になっているものと思われます。

年齢が若いから恥ずかしいと、入れ歯を使わずそのままにしておくと、残っている自分の歯に負担が大きくかかり、悪い方悪い方へと進んでしまいます。見た目のきれいな入れ歯もあるので(審美義歯)検討してください。

↑ページのトップへ

歯に関する悩み、お気軽にご相談ください。

「患者様の気持ちを第一に。」

メール相談「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、ふじた歯科では丁寧なカウンセリング治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…
自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。診療カレンダー

オンライン予約
アクセス

ふじた歯科

長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。

Copyright(C) 長崎県諫早市 ふじた歯科 All rights reserved.