長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。     歯に関するお悩みは、プロフェッショナルなふじた歯科へ

ふじた歯科
  • アクセス・診療案内
  • オンライン予約
痛くない歯医者さん
ふじた歯科が選ばれる理由
インプラント 審美歯科 予防歯科 矯正歯科 義歯(入れ歯) ふじた歯科紹介

口コミ

歯科100選

スタッフ紹介

訪問診療

費用

点滴療法

アンチエイジング

SPECIAL MENU
インプラントサイト インプラント相談サイト
歯周病サイト インプラントサイト
矯正サイト  

ブログ

  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • オンライン予約
  • アクセス

◆◆◆ 虫歯治療・関連メニュー◆◆◆  ➤ ふじた歯科トップページ

ドッグベスト治療

◆ 痛くない、麻酔なし、削らない、神経の保存療法

ドッグベスト治療とは?

ドックスベストドッグベスト治療とはセメントに含まれる銅成分の抗菌力を利用し、虫歯菌を削らず無菌化することで神経を保存する方法です。

通常虫歯の治療は、虫歯菌に感染した歯質は全て削り取るのが基本です。
虫歯菌を残したまま歯にあいた穴だけ塞いでも中で虫歯が広がってしまうからです。
そのため虫歯が大きい場合は虫歯菌に感染した歯質全てを削ると神経の処置が必要になることもあります。

そこで、ドッグベストセメントの出番です。
レントゲン上で虫歯が大きく神経に近い場合、虫歯に感染した歯質を削りとるのではなく、あえて残したままドッグベストセメントを塗布します。
虫歯菌に感染して軟らかくなった歯質はドッグベストセメントの効果で硬くなり、虫歯菌も殺菌され無菌化でき虫歯の進行を抑えることができます。
その後歯の形を整え、詰め物やかぶせ物をして治療終了です。

従来の治療法では神経をとるしかなかった歯でも、このドッグべスト治療を用いれば神経を残すことができます。

神経をとるとどうなるの?

なぜ神経はなるべく残しましょうと言われるのか?
神経の役割と重要性を考えてみましょう。
歯がしみたり痛んだりするのは神経があるからです。体の危険を伝える役割が神経にはあります。しみるのは何も虫歯になった歯だけではありません、健康な歯でも氷のように冷たい物を食べた後すぐに、温かいスープなどを口に入れると誰でもしみます。健康な歯でもしみることがありますし、加齢や歯周病により歯茎が下がると知覚過敏によるしみも起きてきます。

では神経がなくなるとどうでしょう。
もちろん何を食べても飲んでもしみることはなくなります。
「じゃあ神経なんかない方がいいな。」というのは大きな間違いです。
神経にはしみや痛みを伝える他に、重要な役割があります。

それは、歯に栄養を与えるということです。
歯の神経はレントゲンでは1本か2本に見えますが、実際は太い幹の部分から細い側枝に分岐しているのです。この側枝はレントゲンでは細くて写りませんが、歯に栄養を与えるのに役立っています。

草や木が栄養がないと枯れて弱弱しくなるのと同じで、歯も神経からの栄養がなくなると弱くなってしまうのです。

そのため神経をとった歯は、神経のある歯に比べ破折する危険性が有意に高くなります。 また、神経のない歯は変色しどす黒くなってしまいます。

安易に神経をとってしまうと しみなくはなりますが、歯の寿命は明らかに短くなってしまうのです。 ですから歯科医師は神経はなるべく残しましょう、歯を強いままにしましょうと言うのです。

<歯のライフサイクル>

0、健康な歯⇒小さい虫歯⇒少し大きくなる
1、小さい虫歯⇒削る⇒小さい詰め物
2、詰め物の周囲にカリエス、大きい虫歯⇒大きい詰め物
3、大きい詰め物の周りに虫歯⇒歯髄まで進行⇒神経を除去⇒冠をかぶせる
4、根の先に病巣⇒根の治療
5、根の先の骨まで、ばい菌が進行⇒抜歯
6、義歯(部分義歯)⇒部分義歯がだんだん大きくなる
7、総義歯

このように通常だと、神経を取ると歯が急にもろくなり歯をなくす可能性が大きくなります。
神経を治療しないで済むことが非常に大事なのです。
Doc's Best (ドックスベスト)を使う治療により、歯のライフサイクルで2で止めることが可能になったのです。神経さえ残れば、歯の寿命は長くなります。

■ドッグベスト治療の流れ

①レントゲンで虫歯の大きさの確認
虫歯の大きさや神経との距離関係を把握します。 ドッグベスト治療の適応かどうか診断します。

②エナメル質の除去
虫歯に感染した部位を見やすく、またドッグベストセメントが虫歯の部分に行きわたるように歯の表層部であるエナメル質のみ削りとります。
エナメル質は削っても痛みを感じないため、麻酔は使用しません。

③ドッグベストセメントの塗布
虫歯に感染した部位にドッグベストセメントを塗布します。
セメントが固まるのを少し待ちます。

④余剰セメントの除去
はみでたドッグベストセメント部分を超音波スケーラーなどを使用し除去します。

⑤詰め物や被せ物で修復
歯の形を整え詰め物や被せ物を作り終了になります。

◆ ドッグベスト Q&A

Q 以前から糖尿病の治療中なのですが、ドッグベスト治療は受けることができますか?
A はい、可能です。
高血圧や糖尿病、心臓疾患のある方でも通常の歯科治療が可能な方であればドッグベスト治療も問題なく行うことが出来ます。
Q 歯が割れてほとんど歯の根しか残ってないのですが、ドッグベスト治療で神経は残せますか?
A どんな治療でもそうですが、治療法には適応症とそうでないものがあります。
例えば、歯が崩壊し明らかに神経が死んでしまっている場合や、今現在ズキズキした痛みが続いている場合はドッグベスト治療を行っても効果がありません。
ただ歯科医以外の方が判断するのは難しいと思いますので1度相談し、しっかりとした診断をしてもらうことをお勧めします。
Q 小学生3年生になる息子の永久歯に大きな虫歯があると歯医者さんで言われたのですが、小学生でもドッグベスト治療は受けることができますか?
A 問題なく治療可能です。
歯は口の中に生えてくる時には、まだ完成していません。
生え始めて3年くらいで歯の根は完成します、歯の根が未完成な間に神経をとる治療を行っても完全な治療は困難です。
むしろドッグベスト治療をぜひ勧めたい年代です。
麻酔を使わなくて良いため、痛みも怖くもなく、子供にとってもメリットは大きいと思います。
Q 治療の日数は長くかかりますか?
A ドッグベスト治療自体は1日で終わる治療です。
ドッグベストセメントを詰めただけでは歯が弱い状態です。
その後型どりが必要であれば型をとって2回目に歯ができて終了となります。
従来通り虫歯を全て削って神経の処置が必要になりますと、歯が入るまでに最低でも4回くらいは通院が必要なので比較すると通院回数も少なく済みます。
Q ドッグベスト治療は健康保険が使えますか?
A 残念ながら現状ではドッグベスト治療は健康保険の適用外となっています。
ドッグベスト治療を行い、神経を残した歯に詰め物や被せ物を作る場合、その詰め物や被せ物も健康保険は使えません。

■適応症

● レントゲン上で虫歯が大きく神経に近い歯
● 詰め物の下に再度虫歯ができた歯
● 子供の永久歯など神経を極力残したほうがよい歯

■適応症でない場合

▲ 今現在痛みのある歯
▲ 歯の根の先にばい菌が溜まっている歯
▲ すでに神経の処置がなされている歯
▲ 歯の欠けている範囲が広い歯

↑ページのトップへ

歯に関する悩み、お気軽にご相談ください。

「患者様の気持ちを第一に。」

メール相談「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、ふじた歯科では丁寧なカウンセリング治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…
自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。診療カレンダー

オンライン予約
アクセス

ふじた歯科

長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。

Copyright(C) 長崎県諫早市 ふじた歯科 All rights reserved.