3DS
虫歯菌を感染させない新しい治療方法

どういう治療法?

虫歯はミュータンス菌による感染症です。ミュータンス菌がいなければ虫歯はできません。ミュータンス菌の数が多い場合は、いくらはみがきをしても虫歯になりやすくなります。

これまではミュータンス菌の数を減らすことは不可能と言われていましたが、3DS(Dental Drag Delivery System)という方法が最近発明され、ミュータンス菌を薬剤で減らすことができるようになりました。
虫歯の原因となるミュータンス菌は歯に定着し生きています。歯がなければミュータンス菌は生きていくことができません。3DSはミュータンス菌の定着部位である歯の表面に絞って抗菌剤を作用させることで除菌効果を得る方法です。

治療の流れ

1. まずはお口の中のミュータンス菌の数を調べ、虫歯になるリスクを判定します。

2. 自分の歯にぴったり合う歯型のトレーを作成するために、上下の歯の印象をとります。そして3DS用の上下の歯型のトレーを作成します。
3. 3DSお口の中で細菌はバイオフィルムという塊になっています。バイオフィルムはとても頑丈な巣で中にいるミュータンス菌を抗生剤から守る役目をしています。歯の表面を専用の器具で磨くことによりバイオフィルムを破壊し、歯の表面に薬剤が浸透しやすい環境を作ります。
4. 3DSバイオフィルムが取り除かれた後、トレーに抗菌剤を流し、5分間定着させ歯の表面の除菌をします
5. 3DSすべての細菌が除去された表面も通常の清掃を続けるかぎり、また細菌がもとに戻ってきます。そのため家庭でもトレーにフッ化第一スズを使い、5分間使用することを1週間つづけます。

一度行うだけでも、ミュータンス菌の数はかなり少なくなります。口腔内のほかの善玉菌の勢力が強くなり、ミュータンス菌が増えにくくなるからです。
より強い効果を期待する場合には、6ヶ月毎に除菌を行うといいでしょう。

3DSのメリット

ご自分専用のマウスピースを装着するだけ、歯を削ったり、麻酔を使う必要もなく簡単に確実に予防できます。 
歯は虫歯になって削ったり、神経を抜いたりするたびに弱っていきます。3DSを行うと歯の健康な状態を長く維持することができます。最終的に自分の歯を多く残すことができ、自分の歯でおいしく食事をすることができます。
また、普通は虫歯になるたびに歯医者に通う必要がありますが、虫歯ができにくくなるという事はその分治療の手間と費用を節約することができます。

このような方にオススメです

  • 虫歯になりやすい方
  • いままでに治療をたくさんしてきた方
  • ご自宅に子供のいるご家族(感染防止)
  • これ以上虫歯になりたくない方、残った歯を大事にしたい方
  • 口腔や全身の健康にもっと気遣いをされたい方

3DS Q&A

いま虫歯になっている歯があるのですが、3DS治療はできますか?
可能です。ただし虫歯が残っている状態だと3DS治療を行っても十分に細菌の数が減らないため、3DS治療はむし歯治療が完了してから行います。
3DS治療は健康保険が適用されるのですか?
現状では3DSは健康保険の適応にはなっていません。自費の治療になります。
DS治療は子供でも行うことができますか?
行うことが可能です。痛くなく怖くもないため、お子様でも安心して行うことができる予防法になっています。また子供のころは虫歯ができやすい時期になりますのでこの時期に口の中の細菌を減らしておくことは重要です。

ふじた歯科 歯周病相談サイトはこちら

歯周病相談サイト

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください