歯科お役立ち情報

喫煙か禁煙か

以前もお書きしましたが、喫煙は歯周病にとっては治療のさまたげになり、得になることはない。歯周病の治療にあたっては患者さんには禁煙をお願いします。

タバコの花喫煙者にとって、禁煙は難しいものです。私も実は10年位前までタバコを吸っていて、禁煙した人間の1人です。禁煙はなかなかうまくいかないことが多いと思います。
禁煙する場合、医学的に効果が確認された方法や薬剤があります。これらを上手に利用しましょう。

その一つに「ニコチンパッチ」があり、1999年5月から医師の処方箋薬として使用できるようになりました。貼り薬で、禁煙を困難にしている離脱症状を、ニコチンの補充により一時的に軽減し、禁煙を容易にします。また、ニコチン依存が強くない場合は、インターネットを利用した「禁煙マラソン」など様々な支援がありますので自分のライフスタイルにあった無理のない禁煙方法を見つけましょう。

禁煙をするためにはさまざまな方法がありますが、患者さんにあったもの、複数を併用して試すのも良いでしょう。 
未成年者の喫煙防止に成人を識別するための専用ICカード「タスポ(taspo)」が7月までに全国に導入されました。 
ここで問題が・・・・

  • タスポを持っていても20歳以上である証拠にはならない。 
  • ひとりが複数のカードを発行できる。 
    (タスポの発行時に名前の欄にふりがなを重視する。ふりがなを違えて同じ人が2枚もてることになる。) 
  • 非喫煙者であっても発行できる。ゆえにカードを売買の対象として考えることもできる。 
    などいろいろと考えられる。

これからのタスポの動向が気になるところである。

成人識別ICカード 「taspo(タスポ)」 公式サイトhttp://www.taspo.jp/

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください

訪問診療のご案内