歯科お役立ち情報

お口の大敵-歯周病

歯周病の主な症状 歯周病初期は歯肉炎とも言います。
歯を磨く時、歯肉から血が出て、さらに症状が進むと、歯根と歯肉の間の溝が深くなり、歯周嚢袋が形成され、歯肉の炎症がひどくなり、歯槽骨の破壊に至ります。
そうなると、膿、口臭、歯が揺れるなどの状態となり、その状態を歯周病といいます。早急に治療しないと、歯の脱落となってしまいます。
ほとんど痛みを感じないため、歯周病患者は通常気づかないうち、いろんな影響が出てしまいます。
成人の80%は歯周病と言われています。

歯周病が人体にもたらす弊害

  • 口臭
  • 歯が抜ける
  • 視覚上の問題(歯が長くなったり、移動したりする)
  • 内臓病気の引き起こし

治療後も、口腔衛生の良い習慣を続けなければなりません。
定期的に歯科医院で検査をしてもらいましょう。
歯が残っていないと長生きはできません。以下のグラフは45歳以上で20本歯が残っている人の割合です。

(厚生労働省・平成17年調べ) 
グラフ

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください

訪問診療のご案内