Q&Aコーナー

矯正歯科 Q&A

Q. 矯正治療のために歯を抜く事がありますか?

A. 顎の骨の大きさに対し歯の幅が大きすぎると、顎の骨に収まりきれず歯並びが悪くなります。拠って顎の成長が見込めない場合には、一般的には抜歯が必要となります。但し、ふじた歯科では床矯正といって顎の大きさを大きくする特別な技術を用いて抜歯せずに矯正している症例が増えていて、患者さんと親御さんに喜ばれています。
但し抜歯せずに歯並びを整えたて、口元が過度に突出することになることもありますので、症状によって抜歯、非抜歯を分けています。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください