Q&Aコーナー

矯正歯科 Q&A

Q. 矯正は小さいうちにした方がいいですか?

A. 矯正のタイミングとしては、大きく2つにわかれます。

①6歳臼歯と前歯(永久歯)の生える時期 → 混合歯列期開始
②すべての永久歯が生えそろった以降  → 永久歯列の完成

混合歯列期の開始

5歳~7歳頃になると下の前歯(乳歯)が永久歯に生え変わってくることが多いです。その際、歯が重なったり、ねじれて生えてくるとトータルとして歯並びが悪くなるケースが多いです。

基本的に乳歯は隙間があるのが一般的です。なぜかというとその下から一回り大きな永久歯が生えてくるからです。その隙間の量によってある程度、将来の歯並びが予測できます。おおよそ乳歯の歯と歯の間の隙間が5mm程度あれば、歯並びは良好になると言われています。
※ただ、お子さんの顎は日々成長していますのであくまで予測であり、必ずしも一致するわけではありません。

叢生は下顎前歯から始まる 歯列不正の兆候

そして、下の前歯が生え変わるこの時期は保護者の方が歯並びを心配する時期であるとともに、小さい頃から始める矯正治療を始める良いタイミングでもあるのです!

拡大床歯並びは顎の大きさと歯の大きさのアンバランスからくることが多いです。
最近、顎が小さいお子さんが多いですが、小さい器(顎)にはたくさん物(歯)が入らないように、ある程度、年齢に応じた適切な顎の大きさというものがあります。 その器(顎)の大きさをつくってくれるのが「拡大床」という治療です。

この装置は歯が生えてくれるスペースをつくるために、顎の成長を促進させてあげる装置になります。

メリットとして
拡大床
・成人矯正のように(健康な歯の)抜歯が不要
・装置は家にいる時と寝ている時のみ装着なので負担が軽い
・痛みがほぼない
・成人矯正と比較して安価
・歯を動かすというより成長を促進させてあげるイメージ

もちろん、すべての症例に適応できるわけではなく、うけ口や出っ歯など骨格的な要因のある場合は別の治療法と行います。
お子さんの歯並びにお悩みの方はまずはお気軽にご相談ください。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください