Q&Aコーナー

予防歯科 Q&A

Q. 歯石はとらないといけないのですか?

A. 「歯石はとらないといけないですか?」
長崎県 諫早市の歯医者ふじた歯科です。

当院では初めて来院された患者様に対してまず検査を行い必要な患者様には歯周病の治療からご案内しています。
むし歯治療などの他の治療に先立って歯周病の治療を行うことにはたくさんのメリットがあります。

歯石はとらないといけないですか?・むし歯の再発を予防できる
・むし歯をよりきれいにとりやすい
・かぶせ物やつめものの適合が良くなる
・かぶせ物やつめものが長持ちする
・かぶせ物やつめものがより自然に美しく装着できる
・歯周病による出血や膿で虫歯の治療が阻害されにくい
・根っこの治療などの治りがスムーズになる

歯周病の治療のひとつとして歯石とりがあります。

歯石とはプラークと呼ばれる歯についた細菌の塊が硬くなったもののことで2日ほどでプラークから歯石へと変わると言われています。
プラークは歯ブラシによるブラッシングで簡単に除去することが出来るのですが歯石になると歯に強く付着しているのでブラッシングでは除去できません。なので歯石とりが必要となってきます。

歯の表面はつるつるしているのですがプラークは付着します。歯石の表面は歯の表面とは違ってザラザラしているので歯の表面よりもプラークが付着しやすいです。

歯石は初期の段階では歯の表面についているのですが歯周病が進行してくると、歯茎が下がって見えるようになった根っこの表面や歯茎の中の根っこの表面にもついてきます。
歯の表面についている場合は歯科医院でのクリーニングの際に除去することが出来るのですが歯茎の中についた歯石だと歯石を除去するために時間を取って処置する必要があります。さらに歯茎の中の歯石の量が多いと外科的な処置が必要となってくることもあります。

プラークは歯石に付着し常に毒素を出し続けているので歯茎、骨に悪い影響を与えます。歯石をそのままにしておくと歯周病の悪化の原因になります。歯周病が悪化すると顎の骨が溶けて歯がグラグラ揺れて、最終的には抜け落ちてしまうこともあります。

そのような状態になるのを予防するために歯石とりは必要な治療です。
また歯周病を悪化させない目安としては3ヶ月に一度は歯石とりが必要です。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください