Q&Aコーナー

予防歯科 Q&A

Q. 洗口液は効果があるのか?

A.

洗口液は効果があるのか?洗口液は現在様々な種類のものが市販されており、薬局やコンビニ等でも買うことができます。
歯周病の予防や口臭の予防などを効果として標榜しているようです。
しかし結論から言うとこれらの効果はあくまで補助的なものです。

洗口液は効果があるのか?口腔内に住んでいる細菌は、1か所に集まってバイオフィルムという塊をつくっています。 これはお口の中だけではなく他の細菌でも一緒です。
掃除していない排水溝などの表面はぬるぬるとしていますが、これも細菌がバイオフィルムを作っています。細菌は身を守るためにバイオフィルムを作る性質があり、これは排水溝のぬめりはなかなか取れにくいことからもわかると思います。
ここで殺菌効果のある薬剤をバイオフィルムの表面に当てても、バイオフィルムの表面にある細菌は死滅しますが、表面の細菌が壁となり、内部のほとんどの細菌には薬剤は届きません。

洗口液は効果があるのか?

バイオフィルムを破壊するには機械的に力を加えて破壊すること、つまり歯磨きが最も効果的です。
歯磨きによってバイオフィルムがばらばらになった状態であれば洗口液の効果も出ます。補助的に使うものなので、歯磨きをせずに洗口液のみで済ませるということをしていても効果はありません。


口臭予防についても一緒です。お口の中の汚れが原因で口臭が出ている場合、原因である汚れを除去するのが口臭予防に一番効果があります。市販の洗口液には強い香りが含まれているものが多いので、一時的にはにおいが無くなったような気がしますが、洗口液だけでは口臭の原因を取り除く効果はありません。
洗口液は効果があるのか?もし使用する場合はしっかりお口の中の汚れを歯磨きで除去してから使うようにしてください。しっかり汚れが除去されていれば洗口液はなくても良いです。
例外として歯科の治療で抜歯などの外科処置を行った後では洗口液を処方する場合があります。歯を抜いた後の穴などは歯ブラシで磨くことは困難なため、感染の予防としての洗口液は効果があります。
(写真:当院で処方していますネオステリングリーン)


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください