Q&Aコーナー

予防歯科 Q&A

Q. フッ素の効果とは?どのくらいの頻度で使えばいいの?

A.フッ素塗布

フッ素には虫歯予防の効果があります。
大きく分けて3つの虫歯予防効果があります。

1つは歯の再石灰化の促進です。

食事をすると、虫歯菌によりお口の中に酸が発生します。これが原因で歯が溶けていくことにより虫歯は起こります。しかし、通常は唾液が働いて、溶けだしてしまった成分をもとの状態に戻します。この働きを歯の再石灰化と呼びます。
フッ素には再石灰化を助け、フッ素があることでより多くの成分を歯の中に取り込むことが出来ます。 これにより、初期の虫歯(歯の表面が酸によって柔らかくなっているが、穴はあいていない状態)を治療し、歯を健康な状態に戻します。フッ素塗布

2つ目は歯を酸に対して強くする効果があります。

フッ素は歯の表面のエナメル質という部分と結びついて、普通の歯よりさらに強い結晶構造を作りあげます。
この働きにより、ミネラルが溶けだしにくく、歯が虫歯に対して強い状態になります。

フッ素塗布3つ目は、フッ素は抗菌作用も持っており、虫歯菌の活動を抑制します。

フッ素には使用する場合によって濃度が決まっています。
歯磨き粉やフッ素配合ジェルに入っているフッ素の濃度は低いので、歯磨きの時毎回使用しても問題ありません。うがいは1回、軽くゆすぐようにするとフッ素の効果が強く出ます。
フッ素塗布

歯科医院で塗るフッ素は比較的濃度が高いので、毎日の使用はできません。
歯科の専門的知識を持った人により月に1回以下の頻度で使用することが定められています。


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください