Q&Aコーナー

小児歯科 Q&A

Q. 歯磨きはいつから始めればいいのですか?歯磨き粉はいつから使えばよいでしょうか?

A.

虫歯はミュータンス菌という菌が原因となって歯を溶かしていく病気です。
ミュータンス菌の特徴の一つに、歯にくっついていないと生きていけないという性質があります。逆に言うと1本目の歯がはえてきた時点で、その歯の表面にはミュータンス菌がくっついている可能性があるということです。
なので最初の歯がはえてきたら歯磨きは開始した方がいいです。 ただ最初は歯ブラシを使用して磨くのは難しいので、布やガーゼなどで表面を軽くふく程度でも良いです。 慣れてきてから歯ブラシで磨いてあげるようにしましょう。その場合もまずは口の中に歯ブラシを入れるところから始めて、徐々に慣らしていくようにしましょう。 このように赤ちゃんの歯磨きは行っていきます。

では歯磨き粉はいつから使うべきなのかという疑問なのですが、歯磨き粉自体は通常使用する程度は飲み込んでも害はありません。しかし出来るなら飲み込むのは避けた方がいいでしょう。 お子さんが歯磨き粉を使用するのは歯磨きの後にしっかりうがいができて歯磨き粉を吐き出せるようになってからの方がいいです。最初は歯磨きの時に溜まったツバを飲み込んでいたかもしれませんが、それを吐き出すように教えていきましょう。それまでは何もつけずに、歯ブラシを水で濡らして使用するようにしましょう。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください