長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。     歯に関するお悩みは、プロフェッショナルなふじた歯科へ

ふじた歯科
  • アクセス・診療案内
  • オンライン予約
痛くない歯医者さん
ふじた歯科が選ばれる理由
インプラント 審美歯科 予防歯科 矯正歯科 義歯(入れ歯) ふじた歯科紹介

口コミ

歯科100選

スタッフ紹介

訪問診療

費用

点滴療法

アンチエイジング

SPECIAL MENU
インプラントサイト インプラント相談サイト
歯周病サイト インプラントサイト
矯正サイト 点滴療法サイト

ブログ

  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • オンライン予約
  • アクセス

◆◆◆ Q&A・関連メニュー◆◆◆  ➤ ふじた歯科トップページ

Q&Aコーナー

◆ 小児歯科 Q&A

Q. フッ素は歯によいのですか?どのくらいの頻度で塗布したらよいのでしょうか?
A. フッ素は、虫歯予防に効果があります。歯の表面を強化し、虫歯になりにくくします。また、初期虫歯(穴があいていない虫歯)では、カルシウムが抜けて歯の表面が弱くなりますが、フッ素は再石灰化(失われたカルシウムをもとにもどす)を促進します。歯や歯みがきの状態にもよりますが、2~3ヶ月毎のフッ素塗布は効果があります。
Q. 指しゃぶりしていますが、歯並びに影響しますか?やめさせたほうがいいですか?
A.

3歳くらいまでの指しゃぶりであれば、永久歯の歯並びへの影響は少なく、子供の発達にとって意味があるとされていますので、やめさせる必要がありません。4歳になってもやめられない場合には、歯並びに影響してきますのでやめさせるように努力する必要があります。

両親、兄弟に対する欲求不満など、子供の精神的ストレスが原因でおこることが多いと言われています。強くしかったりするのは逆効果です。自分からやめたいと思わせるように家族で盛り上げていくことが良いと思います。なるべく指や手をたくさん使う遊びを教え、夜は手をつないで寝てあげましょう。指しゃぶりをやってないときにはほめてあげましょう。

Q. 歯磨きをさせてくれないのですが?
A. 1~2歳のお子さんは、なかなか歯磨きをするのはまだ難しいかもしれません。歯ブラシが無理なら、ガーゼや綿棒を使ってふいてあげてください。また、お母さんの膝に寝かせた状態で行うと上手にできることがあります。無理やりにするのではなく、遊ぶ感覚で、楽しくしてみてください。
Q. 下の前歯が内側(舌側)に生えてきましたが大丈夫でしょうか?
A. 下の前歯は、よく、内側からはえてきます。乳歯がぬけずに残っている場合は、乳歯を抜歯したほうがいいでしょう。内側からはえてきても、歯は移動することが多いです。歯科医師に相談され、経過を見ましょう。
Q. 子供の歯が白くにごっているのですが、虫歯でしょうか?
A. 歯の表面に穴があいているわけではなく白く濁っているだけであれば、初期虫歯とよばれる状態です。歯の表面のカルシウムが抜けて白く濁って見えているだけなので、歯を削って詰めるといった治療をする必要はありません。ただし、カルシウムが抜けて歯が弱くなっているため、フッ素を塗って歯を強化し、虫歯になりにくくしていきます。ぜひ来院してください。
Q. グラグラした乳歯はすぐ抜いたほうがいいですか?
A. グラグラしているのは乳歯の根っこが吸収されているからです。通常はそのまま抜け落ちてしまいますが、その乳歯が虫歯や根っこの病気だった場合、下にある永久歯に悪影響を与えることがあります。そのような場合には抜いたほうが良いときもあります。
↑ページのトップへ

歯に関する悩み、お気軽にご相談ください。

「患者様の気持ちを第一に。」

メール相談「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、ふじた歯科では丁寧なカウンセリング治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…
自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。診療カレンダー

オンライン予約
アクセス

ふじた歯科

長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。

Copyright(C) 長崎県諫早市 ふじた歯科 All rights reserved.