Q&Aコーナー

義歯 Q&A

Q. 義歯をつけたまま寝てもいいのですか?

A.

寝るときに入れ歯を入れたままでいいのか、外した方がいいのかということは入れ歯を使っている人なら気にかかることかと思います。入れ歯をいれたままで寝てもいいか外して寝る方が良いかは、入れ歯と残りの歯の状態によって変わります。

ほとんどの場合では義歯は寝るときにはずした方がいいです。
部分入れ歯で特に小さい場合、入れ歯を就寝中に飲み込んでしまう可能性があります。念のため外すとよいです。認知症などで喉の感覚が鈍っている方は特に注意が必要です。

また、寝ている間は唾液の量が少なくなります。唾液は細菌の繁殖を抑える働きがあるため、寝ている間はお口の中には細菌が繁殖しやすいです。入れ歯があると入れ歯の周りに菌が繁殖しやすいので基本的には入れ歯は外して洗浄剤につけていた方がいいです。

ただ、まれに入れ歯をつけてねた方がいい場合もあります。
残った歯が少なくなり、入れ歯を外した時に上下の歯がほんの数本しか噛みあわない場合、寝ている間には噛みあっている歯に大きく力がかかります。

その場合には入れ歯を入れた方が力が分散され、歯が長持ちする場合があります。また、残った歯で噛み合わせると残った歯が全くかみ合わない場合、残った歯と歯茎が寝ている間に噛みあって、歯茎に傷を作ったりする場合があります。このようなときには入れ歯をはめて寝る方が望ましいです。

入れ歯をはめて寝た方がいい場合も、寝るときに間違って飲み込まないように注意することが必要です。また、日中に必ず1日1回は洗浄剤に付けるようにしてください。

自分がどちらのタイプに当てはまるか気になる場合は歯科医院で相談するとよいでしょう。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください