Q&Aコーナー

義歯 Q&A

Q. 入れ歯(義歯)もメンテナンスが必要?

A.

歯を失った際の代表的な治療法に義歯があります。文字通り、喪失した歯の代わりとなる人工の歯と、それに付随する歯ぐき部分(床)からなる人工臓器です。 あえて「装置」と称さず、「臓器」と言うのは「メンテナンスは必ず必要」だからです。一度作ったらおしまいではなく、切れ目なく継続して管理・調整することで長く良い状態を保つことが出来ます。 ここではなぜメンテナンスが必要なのか説明していきます。

① 入れ歯は消耗品!?

入れ歯の人工の歯は、保険のものだと硬質レジンといって強度のあるプラスチックで出来ています。この硬質レジン、ちょっとやそっとでは削れません。噛みあわせの調整でも炭化ケイ素といって非常に硬い研削材を使ってようやく削れるくらいです。しかし、1日3回の食事のたびに反対側の歯とあたると長年使用することで少しずつ摩耗してきます(歯は人体の中で最も硬く、骨よりも硬いです)。※反対側も義歯の場合は削れ方がより緩やかです

人工の歯が削れると
・咀嚼能率が低くなる
・噛み合わせが低くなる
・歯ぐきや残っている歯に大きな負担がかかる(詳しくは後述します)

このようなデメリットが生じます。ある程度の摩耗であれば、補修で対応できますし、難しければ人工の歯のみ置き換えを行ったり、義歯自体を新しくすることもおすすめしています。

② 入れ歯の土台となっている歯は重労働!?

歯を失った部分に人工の歯がきますが、咀嚼時人工の歯への負担はその下の顎堤(顎の土手の部分)とバネがかかる歯に集中します。特に遊離端欠損と言われる後ろに支える歯がない場合、噛む度にバネがかかる歯を引っこ抜く力が作用します。

その力を少しでも軽減するために、適合のよいバネ、入れ歯が重要になります。そのため、①にもあったように人工の歯がすり減ってくると噛もうとしてより過重な負担がかかって土台の歯が重労働となってしまうのです。

③ バネがかかる歯の周りは汚れやすい!

入れ歯のバネは歯の周囲を覆うようにはまります。そのため、その周囲は汚れが残りやすいです。もちろんそれは大切な歯を失う大きな原因になりますので、うまく磨けていないようであれば清掃方法を指導してもらったり、難しい箇所は専門家による清掃が必要です。つまり、さらに歯を失って入れ歯の面積が増えないようにするためにもメンテナンス(定期検診)が必要です。

④ 適合の悪い入れ歯は土手が痩せやすい!

これはもうそのままで、適合が悪いと単に食べ物が挟まりやすいといった不快症状だけでなく、不適切な力が顎の土手に加わるので骨が吸収して痩せやすいです。これは部分入れ歯よりも総義歯に多いので、総義歯の方もぜひメンテナンス(定期検診)を受けましょう。

義歯の方もメンテナンス(定期検診)が必要な理由、わかってもらえたでしょうか?
当院では義歯の方のメンテナンスにて
・超音波による義歯の洗浄
・適合のチェック、噛みあわせの調整
・破損箇所の修理(ヒビなど)
を行っております。義歯に関する疑問があれば、スタッフまでお気軽にお申し付けください。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください