Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q. 親知らずは抜いたほうがいいのか、そのままにして大丈夫?

A.

みなさんこんにちは、長崎県諫早市の歯医者ふじた歯科です。

親知らずは抜いたほうがよいのか?今回の質問は「親知らずは抜いたほうがよいのか?」というものです。答えとしては正直人それぞれとしか言えません。ただ一言で親知らずと言っても、状況は様々で抜いた方がよい場合と抜かなくてもよい場合と分けられます。
どういった状況で分けられるか解説していきたいと思います。

親知らずとはそもそも何?どこの歯?

人間の歯は中切歯・側切歯・犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯・第一大臼歯・第二大臼歯の7本で構成されています。親知らずとは、正式名称は「第三大臼歯」「智歯」と呼ばれる歯のことです。

基本的に人間の歯は中切歯・側切歯・犬歯・第一小臼歯・第二小臼歯・第一大臼歯・第二大臼歯の7本で構成されています。 親知らずは8番目の歯で、第二大臼歯の後ろに生えます。個人差は大きいですが、だいたい20歳前後に口の中に見えてきます。

昔は寿命も短く50歳くらいで亡くなる人も多かったようです、親知らずが生えてくる頃には両親が他界していることから、「親知らず」と呼ばれるようになったようです。親知らずが生える位置は歯列の一番奥になります。

では、次に親知らずは抜くべきか、説明したいと思います。
ただし、実際に処置する時は事前に担当の歯科医師をよく相談をし抜くかどうかの判断をしてください。

親知らずを抜いた方がよい場合

親知らずが横向き(水平)に生えている場合

① 親知らずが横向き(水平)に生えている場合
親知らずは顎の骨のスペースの関係上横向きに生えてくる事があります。横向きに生えてくると、噛み合わせに参加することはありません。 また、歯が完全に歯茎の上に出ることもないため、半埋伏と言われる状態になり歯の頭の部分が半分歯茎の中、半分歯茎の上という非常に清掃性が悪くなります。 歯の周囲の歯茎が腫れやすく、ひどいときは顔も腫れてくる事があるため抜歯したほうがよいと思います。


② 上下で噛み合っていない場合
歯は上下で噛み合ってはじめて機能します。噛み合っていない歯はただ磨き残しや歯石・プラークの温床になるだけです。おいておくメリットとしては、移植する歯として使えることもありますが、稀です。 磨きにくい位置に歯を残すことで口腔内の細菌量が増えるデメリットの方が大きいと考え抜歯を勧めます。

③ 矯正治療をしている場合
親知らずの萌出により、歯並びが崩れてしまう矯正治療により、理想的な歯並びになった後、親知らずの萌出により、歯並びが崩れてしまうことがあります。矯正が必要な方は元々顎に親知らずの生えるスペースがない人が多いと思います。矯正前、矯正後に生えてくる可能性がある場合は矯正後早い段階で抜歯しておいた方がよいでしょう。

④ 大きな虫歯になっている場合
大きな虫歯になっている場合すでに親知らずが大きな虫歯になっている場合も抜歯をすすめます。 何故かというと、親知らずは顎の一番奥に生えているため虫歯の治療が非常に困難で、手前の歯と同様のレベルで治療できるかというと難しいというのが事実です。 処置を受ける患者様としても親知らずは治療するより抜かれる方が楽なことが多いと思います。

親知らずを抜かなくてもよい場合

① 歯磨きが非常に上手で親知らずがまっすぐに生えている場合
② 顎が非常に大きく、親知らずの生えるスペースが十分にある場合
③ 上下の親知らずがしっかりと噛み合っており、噛み合わせに参加している場合

親知らずを抜く時の注意点

CT撮影

上の親知らずでは、上顎洞への歯の迷入や親知らずの後ろ側の骨の骨折による出血や神経の損傷には十分注意が必要です。
下の親知らずを抜く場合は特に注意が必要です。
というのも、下顎には下顎管と呼ばれる神経と血管のは入った管が通っています。 親知らずの根がこの下顎管と接していたり、巻き込んでいたりすると抜歯することで神経や血管を損傷しひどい痛みや出血、神経の麻痺を起すリスクがあります。
現在は保険内でもこの下顎管と親知らずの位置を調べるCT撮影が可能です。


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください