Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q. 何のためにマウスピースをするのか?

A.

マウスピースマウスピースとは歯にとりつけて顎や歯の負担を減らすための装置のことです。
噛み合わせの力が強く、それにより歯がすり減っている場合や噛み合わせの力により歯に痛みが出ている場合、マウスピースの製作をお勧めする場合があります。
マウスピース自体は夜間寝るときに使用してもらいます。

噛み合わせが強い人の場合、多くの方で寝ているあいだに歯ぎしりや食いしばりが無意識のうちに起こっており、それにより歯がすり減ってきてしまいます。歯にかかる力というのも日中よりかなり強いです。これを防ぐためにマウスピースを使用してもらいます。
マウスピース自体は軟らかい素材でできており、かみしめ時の力を吸収します。そのため歯にかかる力が軽くなります。

歯がすり減ってきて気になる方や家族から夜間の歯ぎしりや食いしばりを指摘された方はマウスピースを作った方が望ましいです。
歯がすり減る代わりにマウスピースの素材が少しずつすり減っていくので、穴が開いたら作り直すことになります。

顎関節症噛み合わせにより顎の関節に負担がかかって症状が出る顎関節症の治療でも専用のマウスピースを使用して治療を行います。

インプラントまた当院ではインプラントをされた方にもマウスピースを使用してもらっています。
インプラントは人工の歯の根っこを顎の骨の中に入れる治療なのですが、インプラントは歯ぎしりのような歯を横に動かす力に弱いです。インプラントの周りのあごの骨が減り、炎症を起こすリスクがあるため、当院ではインプラントを入れた方には全員マウスピースを使用してもらっています。

その他にもスポーツ用のマウスピースの製作も行っています。
型どりして製作するため市販品より適合が良いです。

スポーツ用のマウスピースとインプラントのごく一部の場合のみ保険がききませんが、それ以外は保険適用で製作が可能です。3割負担で約6000円ほどかかります。
希望がある場合は当院に連絡をお願いします。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください