Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q. 治療をしに行きたいが遠くて通うのが難しいのですが…

A.

当院で治療できないかた、遠方でどうしても通うのが難しい方というのはおられるかと思います。そういう方は自分の家の近くでいい歯医者を探すようにしてみてください。 私たちが通ってほしい歯医者というのはいくつかポイントがあります。

検査をしっかりする

①検査をしっかりする

良い歯医者は検査、診断にしっかり時間をとって行います。
診断が間違っていると治療しても症状がおさまらないということに繋がっていきます。
診断で間違わないためには患者さんの話をよく聞きよく会話をする必要があります。
特に初回は時間をとって検査と会話を行う歯医者が良い歯医者になります。

説明もしっかりする②説明もしっかりする

検査と診断によって得られた情報をしっかり患者さんに伝えているかというのも重要です。特に自分の歯は直接自分で見ることができず、今の歯の状態は歯医者の先生からの情報が大部分を占めます。
しっかり現状を説明してくれる医院は、治療もしっかりしています。

③お口の写真を撮っている、歯科用のCTがある

歯の写真を撮影することで、患者さん自身に自分の口の中をしっかりと確認してもらい、治療の方針説明などに使います。写真を見てもらうことで患者さんもイメージがわき理解の助けになります。

お口の写真を撮っている、歯科用のCTがあるまた写真を見直すことで歯医者の先生も見落としている部分がないか後で確認することができ、より確実な治療を行うことができます。患者さんが帰ったあと、撮影した写真を見ながら症例を振り返り、スタッフ一同で検討会をするという医院も多いです。

歯科用のCTは当院でも導入していますが、3Dで歯の状態を見ることができ、情報の量が通常のレントゲン撮影とは比べ物にならないほど多く、正確な診断には欠かせません。
インプラントなどの自費治療においても、3次元的に骨の状態を見ることができるので、成功率に差が出てきます。

④予防に力を入れている

現在の歯科医療は治療主体から予防主体の医療にシフトしています。どうしても歯という臓器の特性上、一度虫歯で削った部分や抜いた歯の部分はどんなに質の高い人工物で補っても天然の歯には敵いません。
最高の治療は虫歯や歯周病に最初からならないことです。積極的にお口の中の汚れの検査、ブラッシング指導やフッ素塗布を行っている医院を選びましょう。

予防に力を入れているまた、治療だけでなく定期的なメンテナンスを行っているかもチェックしてみてください。これらのポイントはいい歯医者を探すときにチェック項目として重要かと思いますので、近くで歯医者を探す際には参考にされてください。


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください