Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q. 口臭が気になるのですが何が原因でしょうか

口臭の原因A.

一口に口臭と言ってもその原因は様々です。

原因として多いのがお口の中の汚れによるものです。細菌の塊である歯垢(プラーク)がお口の中にあるとここから臭いのするガスが発生し、口臭になります。口臭を防ぐには歯磨きをしっかりすることが効果的です。

歯医者さんで歯石の除去ただ歯垢が固まって歯石になると、歯磨きでは取り除くことができません。
歯石はそれ単体で口臭の原因になるだけでなく、歯周病を引き起こし歯茎の出血や歯茎から膿が出る原因になります。
これを防ぐには歯医者さんで歯石の除去が必要です。

また虫歯が原因で起こる口臭もあります。虫歯が小さい場合には口臭の原因とはならないですが、虫歯が大きくなってきて、神経まで虫歯が到達し神経が腐っていくと強いにおいを出します。この場合は虫歯の治療や、虫歯が深い歯の抜歯が必要です。

その他にはあっていない被せ物が歯に入っていると、被せ物と歯の間に段差ができ、そこに汚れがたまり臭いを発します
またお口の中に入っている金属の詰め物やかぶせ物がさびてきて臭いが出る場合もあります。歯が割れたり、歯の根っこに細菌がたまったりするとそれによる口臭が出ます。

高齢者やお薬を飲んでいる方はお口の中のだ液の量が少なくなります。これが原因でお口の中が乾燥し、細菌の数が増えて口臭を感じるようになる場合もあります。

さらにお口の中が原因ではない場合もあります。
胃や腸が悪くなっている場合、酸っぱいような口臭が出る場合があります。
糖尿病の方は少し甘ったるいような口臭が出ます。

このように原因が体のほかの部分にある場合もあります。
もともと人間は健康な状態でもわずかに口臭がします。(生理的口臭と言います)この場合は治療の必要はありません。

ただ口臭を自分で感じる場合、一度気にしてしまうとより口臭を感じるようになってしまい、問題はなくても本人は口臭があると思ってしまっている場合があります。

当院では口臭の検査を行う機械を導入しており、お口の息の成分を分析することでその人が本当に口臭があるのかを客観的に分析することができます。
口臭の原因によりにおい物質の種類が変わるので、それにより原因をある程度特定することも可能です。


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください