Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q.定期的にレントゲンや写真を撮る理由
A.

長崎県諫早市の歯医者ふじた歯科です。
定期検診やメンテナンスに3カ月に一度は必ず行っているのに、レントゲンや写真を撮ることに疑問を持たれる方もいらっしゃいます。
たしかに、毎回歯科医師や歯科衛生士に診てもらっているのに本当に必要なのかと思われるかもしれませんが、写真やレントゲンを撮らせてもらうのには理由があります。

理由①
視診(目で見て判断すること)ではわからない、虫歯が発見できるため。

歯の咬む面に虫歯がある場合、目で見て確認することができますが、歯と歯の間から虫歯ができた場合、噛む面からは確認できないことがあります。

レントゲン写真

理由②
歯茎の中の顎の骨の状態を確認するため。

歯周病の進行により、歯を支える骨が溶けてくることがあります。
歯周病はsilent diseaseと呼ばれ、見えないのですが全身疾患へ深い関わりがあったり、自覚症状のないまま静かに進行していく病気です。
レントゲン検査だけではなく歯周ポケットを測ることで、ある程度把握できますが、経年的な変化を確認するために定期的なレントゲン撮影は重要です。また歯茎の炎症の状態を記録することも重要なので、口の中の写真で観察します。

レントゲン写真

理由③
歯が割れたり、顎骨嚢胞などができていないか確認するため。

頻度は高くありませんが、気づかないうちに歯の根が割れていたり、顎の骨の病気になっていることもあります。
その場合、放置しておくと状況が悪化することがあります。

レントゲン写真

写真やレントゲンを撮ることで、目で見るだけに比べ、より多くの情報を得ることができ、診断の精度向上や、その患者様の経年的な変化を見ることができます。

よりよい予防をするために定期検診時の写真やレントゲンは非常に重要な検査となっております。

1年に一回の全身の健康診断でも胸部のレントゲンを撮影するように、歯科の検診でも1年おきには確認した方がよいでしょうが、頻度に関しては患者様ごとのむし歯や歯周病のリスク、治療した歯の状況にもよるので主治医に判断を聞いてください。

長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください