Q&Aコーナー

その他 Q&A

Q.歯をぶつけてしまいました。どうしたらいいですか?
A.

歯をぶつけてしまい歯が折れたり痛みがある場合、歯科医院の受診をおすすめします。

歯をぶつけてしまいました。どうしたらいいですか?歯が折れた場合、レントゲン写真を撮って歯の神経の位置を確認します。

神経と折れた部分が離れている場合は折れた部分を人工の詰め物で置き換え、
修復していきます。
神経が折れた部分から露出している場合はそのままだと神経が炎症を起こし痛みが出るので、神経を取る治療を行い、その後かぶせものを作っていきます。

歯が折れていない場合でも歯が脱臼(力がかかって歯が移動すること)していたり、あごの骨が折れたりしている場合もあるので、レントゲン写真の撮影は欠かせません。脱臼している場合は歯の位置を元の位置に戻す必要があります。

歯が揺れている場合は隣の歯と固定して揺れが収まるのを待ちます。骨折をした時にギプスをするのと同じようなものだと考えると分かりやすいです。

その他にも、ぶつけたショックで歯の神経が死んでしまう場合があります。早期に神経全体が死んでしまう場合もあれば、時間をかけて少しずつ死んでしまう場合もあります。

ぶつけた歯は定期的にレントゲン写真を撮っていく必要があります。

早めに対処した方がのちのちの予後が良くなる場合もあるので、歯をぶつけた時は歯科医院に連絡をするようにしましょう。

長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください