Q&Aコーナー

マタニティー外来 Q&A

Q. 虫歯は遺伝しますか?
A.

虫歯や歯周病は感染症です。
両親が虫歯だから歯周病だからといってそれがそのまま遺伝するということはありません。
ただ、虫歯や歯周病になりやすくなる食習慣や生活習慣は両親の影響を強く受けます。
そのため両親に虫歯が多い場合はやはりお子さんも虫歯が多くなる傾向にあります。

その理由として以下のようなことが考えられます。

歯磨きの習慣

①歯磨きの習慣が似るから
朝昼晩の歯磨きの習慣ができている家庭では、自然と子供の歯磨きへの意識も高まってくるでしょう。
反対にあまり歯磨きをしない家庭では、子供は歯磨きの大切さを学ばずに育つでしょう。
子供は大人の言動を真似しながら成長するので、まず周りの大人がしっかり歯磨きをしないといけませんね。

②食生活が同じだから
食事の内容も虫歯や歯周病に大きく関わります。
虫歯のリスク 砂糖を多く摂取する食生活をおくっていると虫歯のリスクは当然高くなります。
炭水化物も分解されると糖に変わります。
お米や、パスタ、パンなどの主食ばかりではなく、繊維質の野菜もしっかりバランスよく摂取することも虫歯予防につながります。
また、おやつなどの間食の頻度も虫歯に大きく影響します。
ステファンカーブ
間食の頻度が多いと、口の中が常に酸性(虫歯菌が歯を溶かしやすい環境)になるため虫歯のリスクが高くなります。
間食は決まった時間に行い、ダラダラ食べをしないというのは重要です。
食べ物だけではなく、飲み物もずっと甘いジュースばかり飲んでいると虫歯になりやすくなります。

③虫歯菌は親から子供へうつるから
産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌は存在しません。
虫歯菌は歯が生えてくると、その頃に親から子供へ感染します。
同じスプーンを使用したり、スキンシップをとっている内に感染するため、感染それ自体を防止することは無理だと思います。

ここで注意したいのが、虫歯菌の強さは人によって違うということです。
虫歯が多く、歯茎は腫れて、磨き残しの多い人には強い虫歯菌が存在しています。
強い虫歯菌を持つ親から感染する子供と、そうでない親から虫歯菌がうつった子供、口の中のきれいな親とそうでない親から感染するのであればどちらがよいでしょう。 将来の子供の歯を守るためにも口腔内を清潔に保ちましょう。

親の口の中の環境は子供の将来の口の中の環境に大きな影響を与えます。
小さなお子さんを持つ方や、現在妊娠している方はこの事実をしっかり受け止め、将来の子供の歯を守るためにも口腔内を清潔に保ちましょう。

まとめますと、虫歯や歯周病は遺伝よりも上記のような、環境要因が大きく影響してきます。
子供の頃から、赤ちゃんの頃から予防は始まっています。


「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください