長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。     歯に関するお悩みは、プロフェッショナルなふじた歯科へ

ふじた歯科
24時間ネット予約

診療時間オンライン予約アクセス・診療案内
痛くない歯医者さん
ふじた歯科が選ばれる理由
インプラント 審美歯科 予防歯科 むし歯治療 歯周病治療 矯正歯科 義歯(入れ歯) ふじた歯科紹介

口コミ

歯科100選

スタッフ紹介

訪問診療

費用

点滴療法

アンチエイジング

SPECIAL MENU
インプラントサイト インプラント相談サイト
歯周病サイト インプラントサイト
矯正サイト  

ブログ

  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
インスタグラム
  • オンライン予約
  • アクセス

◆◆◆ Q&A・関連メニュー◆◆◆  ➤ ふじた歯科トップページ

Q&Aコーナー

◆ 根管治療Q&A

Q. 神経を抜いた歯が痛むのはなぜ?
A.

1本1本の歯の中には神経線維が入り込んでいますが、実はその他にも栄養を供給する血管や免疫をつかさどるリンパ管などがあります。 (これをまとめて「歯髄」と呼びます)

歯髄の主な役割は以下の通りです。
・歯に加わる刺激を感じる感覚機能
・歯への栄養供給
・歯が何らかの損傷を受けた時に防御機能

そのため、歯髄を除去してしまう(一般的に神経をとる、と言います)と痛みを感じなくなるだけでなく、栄養供給や防御反応がなくなるので歯がもろくなると言われています。 それではなぜ神経を抜いた歯なのに、痛むことがあるのでしょう? 原因としていくつかのことが考えられます。

① 治療の刺激による一時的なもの
h歯の神経は歯の中だけでなく、歯の周りの組織にも通っています。「神経をぬく」治療は、器具で歯の中に走行している神経を引きちぎるようにして取り除くため、その断面が治るまで痛みを感じる事があります。
ふじた歯科ではこの痛みが最小限になるように、引きちぎるのではなく、微弱な電流で断ち切るように治療を行っております。

② 歯の根の周りの炎症や膿によるもの
「根っこの先に膿がたまっています」と言われて始める治療(感染根管治療)は特に、治療後痛みが出ることがあります。それまで症状が軽い・あるいはない場合でも、器具により根っこの先の炎症や細菌がうじゃうじゃいる部分をつつくことになるので、一時的に痛みが出ます。
根の治療を繰り返し行うことで症状が治まることが多いです。

③ 神経の残骸や細菌が残っていることによるもの
根の管は歯の種類によって様々です。また、人によっても全く異なります。まっすぐな形をしていて簡単に治療がすすむ場合もあれば、クモの巣のように網目状になっていたり、湾曲している場合は治療の難易度がぐんとあがります。そのため、神経や細菌を取り除くことができなかった場合に痛みを感じることがあり、治療に時間を要します。

一般的に前歯の根は管がまっすぐで、奥歯の管は曲がっていたり、器具が入り込む余地のないほど細い場合が多いので、奥歯の根の治療は回数と時間がかかると思ってもいいでしょう。

なお、ふじた歯科では神経の取りのこし(残髄)や隅々の神経にアプローチできるようにNi-Tiファイルという柔軟性のある器具を使用しております。

Wave-ONEgold
デンツプライシロナ株式会社 HPより

↑ページのトップへ

歯に関する悩み、お気軽にご相談ください。

「患者様の気持ちを第一に。」

メール相談「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、ふじた歯科では丁寧なカウンセリング治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…
自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。診療カレンダー

オンライン予約
アクセス

ふじた歯科

長崎 諫早市のふじた歯科は予防歯科を中心に、インプラント、歯周病、矯正、審美歯科治療に力を入れています。

Copyright(C) 長崎県諫早市 ふじた歯科 All rights reserved.