Q&Aコーナー

虫歯治療 Q&A

Q. 歯は削らない方がいいの?
A.

多くの人が歯を削ることに抵抗があると思います。
治療の提案をした時も「えー削るんですか?」と言われることもよくあります。
では、なぜ歯を削らない方がよいのか。
どういう場合は削る必要があるのか、その疑問にお答えしようと思います。

 

どんな時に歯を削るのか?

虫歯になった時

① 虫歯になった時
虫歯というのは、歯を溶かす細菌が歯に感染した状態です。
感染したままでは、食べ物などを栄養にしてどんどん歯を溶かして歯の内部に侵入していきます。
虫歯は同じ感染症でも風邪などとは違い、自然治癒することはありません。
進行を止めるため、感染した歯の部分は削り取らないといけません。
削る量を最小限にするため薬剤を使用する方法もありますが、まだ削ってかけた部分に詰め物をするというのが一般的な方法です。


② Brの土台にする場合
Brの土台にする場合 歯を失った部分を回復する方法として、Br(ブリッジ)があります。
これは歯がなくなった部分の両隣の歯を土台としてダミーの歯と繋がった被せ物を作製し土台となる歯に接着剤でくっつけるという方法です。
土台となる歯にそのまま被せ物を被せると、大きな歯になってしまい、噛み合わせがおかしくなるため被せる歯の厚み分歯の全周を削る必要があります。
歯を失った部分を回復する方法としてBr、入れ歯、インプラントがありますが、Brの場合は両隣の歯を削るというのが大きなデメリットとなります。

 


ただ、抜けた歯をそのまま放置すると両隣の歯が傾斜し、噛み合わせる反対の歯は伸びてきて歯並びや噛み合わせに大きな影響を与え、それはそれで口の状態を悪化させる原因となるため、放置するよりは削ってでも歯を回復した方がよいという判断です。

 

歯を削ると何がいけないのか?

みなさんは歯の一生がどういうものか御存知でしょうか。
口の中に歯が生えてきてから歯がなくなるまでにはパターンが存在します。

1. 小さな虫歯ができ、詰め物をする。
2. 詰め物をした歯がまた虫歯になり大きな詰め物になる。
3. 大きな詰め物の下に虫歯ができると、神経まで細菌が入り込み神経をとる。
4. 神経をとった歯は強度が落ちるので被せ物になる。
5. 被せ物をした歯の根が破折する。
6. 破折した歯は抜歯しないといけない。

 

虫歯の発見や対処が遅れれば、1番からではなく、いきなり3番目からスタートすることもありますが、だいたいこのようなパターンで歯は失われます。

健康な歯を削ることはこのパターンを1段階も2段階も進めることになってしまいます。そのため出来る限り歯は削らない方がよいということです。

しかし、ただ歯を削りたくないからという理由だけで放置してしまいますと、口の中のバランスが崩れ結果として、より大きな処置が必要になること忘れてはいけません。

歯は削ってしまうともとには戻りません。
削る必要性とデメリット、削る以外の選択肢はないのか、そのまま放置するとどうなるのか、担当の歯科医師とよく相談し、納得のいく治療を受けることをオススメします。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください