気になる歯の情報

前歯のダイレクトボンディング治療って何?

ダイレクトボンディングとはCR(コンポジットレジン)を虫歯で削った部分や歯の破折した部分に接着させ、歯の形を修復する治療法です。歯の形を復元する修復法の一種で主に前歯部に行われる治療法です。
開業医であればこの治療をしない日はないのではないかというくらい一般的に多く行われているものです。

今回、治療の流れや利点などまとめてご紹介します。

【治療の流れ】

  1. 虫歯で汚染された部分を削り取ります。(必要に応じ局所麻酔を使用。)
  2. エッチングの塗布(歯の表面に入り込んだ切削片や汚染物質を酸により取り除きます。)
  3. プライマーの塗布(歯の表面のコラーゲン配列を整えます。)
  4. ボンディング(歯の表面に樹脂含浸層という歯とレジンの接着層を形成します。)
  5. レジンを歯に盛り足します。
  6. 形態を整え表面を研磨し終了。

利点

  • 虫歯になっている部位のみ削るため、歯の削る量を最小限にとどめることができる。
  • 白い材料なので審美的。
  • 1回の治療で虫歯除去と修復まで終えることができる。

欠点

  • 金属やセラミックより強度が弱い。
  • 長期的にみると2次カリエスのリスクがある。
  • 経年的にレジン部分が変色してくる。

適応

  • 小~中程度の虫歯
  • 前歯の破折
  • 歯の摩耗
  • くさび状欠損
  • 奥歯の咬合面の虫歯

保険のダイレクトボンディング ・ 自費のダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングには保険適用のものと自由診療(自費)の治療が両方存在します。 これは、同じCRという材質でも種類が多くあり、保険で認められるCRと認められないCRがあるからです。

では、保険のCRと自費のCRの違いとは?

保険のCRはプラスティックのような材質です。吸水しやすくそのため変色や劣化の原因になります。また色調の種類も少なく(3種類ほどが一般的)自身の歯を全く同じように修復することは難しいです。

カローレシステムこの点を改善したものが自費のCRです。 色調の種類は20種類以上あり、歯のどの部分に詰めるかによって細かく分かれています。歯の色は白と言っても、白にも黄色みがかった白、青白い白、セラミックのような真っ白と個人によって大きく違います。
また、歯にはエナメル質・象牙質・表面の透明な層が存在し、1本の歯の中でも数種類の色調が混在しています。エナメル質ひとつとっても人により色が異なるのです。
自費のCRはほぼその種類に対応することが可能です。

ふじた歯科で使用しているには30種類色調があります。 また強度や研磨性、審美性の向上のため保険適用のCRには入っていないセラミックの粒子が含まれています。 これにより経年的な変色を抑えることができます。(変色しないというわけではないですが変色しにくくなっています。)


ふじた歯科での治療例

治療例1

治療例

主訴
転んで右上の前歯がかけた。
治療法
神経の残っている歯であったこと、噛み合わせの強さや歯軋り食いしばりの形跡もないことからダイレクトボンディングでの治療を選択しました。
治療材料
カローレ(自由診療) 左上の前歯の切端部分と隣接面には以前治療された保険のCRが充填されています。 保険のCRと自費のCRの審美的な差がお分かり頂けると思います。

治療例2

治療例

主訴
右下の歯がしみる。
治療法
大臼歯という奥歯の虫歯によりしみが出ていました。 咬む力の負担が一番かかる部位ではありますが、咬頭を保存できたためダイレクトボンディング治療を選択。強度のあるカローレを使用し、歯の隆線や溝を審美的に回復しています。
治療材料
カローレ(自由診療)

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください