気になる歯の情報

親不知の抜歯について

親不知について

親不知とは前から数えて8番目、最も奥に生えてくる歯です。親不知は20歳前後に生えてくる歯で人によっては生えてこなかったり、もともとないこともあります。

親不知を抜歯する理由

親不知は位置的や生え方によって歯磨きをきちんと行う事が不可能なことが多々あります。特に親不知がななめに生えたり、頭が少し出ているような生え方だと汚れは一層たまりやすくなります。そのような場合、虫歯や歯周病になる可能性が高く、手前の健康な歯まで悪くしてしまう恐れがあるため早めの抜歯をおすすめします。

抜歯前の検査

親不知の抜歯のためにはレントゲンの検査が必要です。特に下の顎に生えている親不知は顎の骨の中にある神経や血管の集まり(下顎管)に近いことがあるため場合によってはCT撮影が必要になります。

抜歯の流れ

  1. 注射時の痛みを和らげるために、歯肉の表面に表面麻酔を置きます。
  2. 注射麻酔を行います。抜歯中に痛みがあるときは麻酔を追加します。
  3. 抜歯をします。歯が完全に出てきていない時は歯の周りに歯肉や骨があるため、メスなどの器具を使用して抜歯できる状態にします。
    抜歯にかかる時間は30分間~1時間程度で歯の生え方によって異なります。
  4. 抜歯後洗浄し縫合します。糸は1週間後にとります。

抜歯後の注意事項

抜歯後に痛み・腫れがでることがあります。処方された痛み止め、腫れ止めのお薬をのんでください。抜歯後当日は運動・飲酒・お風呂は控えてください。シャワーは構いません。
皮下出血(青あざ)がでることがあります。
うがいはしすぎないでください。血のかさぶたがとれると傷のなおりが悪くなります。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください