気になる歯の情報

乳歯の生える順番

みなさんこんにちは、長崎県諫早市の歯医者ふじた歯科です。
今回は歯の生える順番について説明します。

まず人間の歯で一番に生えるのは下の前歯です。
生後半年頃には生え始めます。
その後上の前歯が生えてきます。
前歯は1歳ごろには上下4本づつ生え揃います。
1歳半までの間に前歯から一本飛ばして奥歯が生えてきます。
真ん中から3番目の歯は犬歯と呼ばれ2歳頃まで生えます。
1本飛ばしなのでしばらく隙間ができますが、全く心配ありません。
最後に1番後ろの奥歯が生えて乳歯は全部生え揃います。
だいたい2歳半くらいが目安です。

生える順番や時期は当然個人差があります。
特に乳幼児期の成長は個人差が大きいため、周りの子に遅れていてもあまりあせらず、ゆっくり待ってください。

生まれたばかりの乳児には虫歯菌は定着していません。
ただし歯が生える頃にお母さんや、お父さんなどの虫歯菌が感染してしまいます。
虫歯は感染症なので大人の使った箸でご飯を食べさせたり、同じコップで水を飲んでも感染する可能性はあります。

完全に防ぐことは難しいので、1本目の前歯が生えてきたその日から、しっかりと歯磨きをしてあげることをオススメします。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください