気になる歯の情報

虫歯の進行度

みなさんこんにちは、長崎県諫早市の歯医者ふじた歯科です。
虫歯と言っても歯に小さな穴があいた状態から、ほとんど歯の部分が欠けてなくなってしった状態まで様々です。
歯医者では虫歯の進行度によって呼び方が決まっています。
学校や歯科医院で歯科検診を受けた時、「シャー」とか「シー」とか「マル」「バツ」など言いながら歯医者さんはチェックしていると思います。
これは何をしているのかというと、健康な歯(斜線のシャーです。)、虫歯の歯(C)、治療済みの歯(〇)、抜いてしまった歯(×)などを記号を 使って整理しているのです。
歯科医院で働いている人にとっては常識ですが一般にはまだあまり知られいないかもしれません。

虫歯の記号はC(シー)です。
虫歯の進行度によって、C1〜C4に分類されます。

C1:エナメル質に限局した虫歯 歯の表面のエナメル質にのみ虫歯菌が入り込んでいる状態で軽度の虫歯です。
エナメル質は硬く刺激が伝わりにくいので自覚症状はない場合が多いです。
【治療法】・・・・削って詰める(麻酔しなくても治療できることもある)
C2:象牙質まで進行した虫歯 エナメル質を超えて象牙質まで進行してしまった虫歯です。
象牙質はエナメル質に比べ柔らかく虫歯菌によって容易に溶かされます。
自覚症状として冷たいものや甘いものを食べたり飲んだりするとしみるということが出てきます。
【治療法】・・・・削って詰める(麻酔必要)
C3:虫歯菌が歯の神経まで達した虫歯 歯の中心にある神経まで虫歯菌が進行してしまった虫歯です。
自覚症状として自発痛(ズキズキ痛い)や咬合痛(噛むと痛い)、ひどくしみるなどが出てきます。
【治療法】・・・・歯の神経の治療神経を極力残すための治療法としてドックスベストセメント治療などもあります。
C4:歯のほとんどが崩壊している虫歯 歯の歯冠部(口の中に見えている部分)が虫歯によりほとんど溶かされた状態です。
進行度としては一番重度な虫歯です。 
抜歯の適応になります。
【治療法】・・・・抜歯
CO:初期虫歯 歯の表面が脱灰(表面が少し溶けて弱くなる)している状態です。
しっかりと管理しフッ素などを使用すれば削って詰める必要はありません。
歯の表面に白い斑点ができたような歯のことです。
【治療法】・・・・治療は必要ありませんがシーラントやフッ素塗布など予防処置は行ったほうがよい。

虫歯は進行度により治療内容や適応が変わってきます。
もちろん進行度が低い場合の方が簡単な処置で済みます。
穴があいている状態や経度の虫歯でも進行すると抜歯の可能性もでてきますので気を付けましょう。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください