気になる歯の情報

歯の神経の治療

みなさんこんにちは、長崎県諫早市の歯医者ふじた歯科です。
今回は歯の神経の治療について説明します。

虫歯が大きく神経に炎症が起きてしまった場合、神経をとる処置が必要になります。
歯の神経(歯髄)は歯の栄養源になっており、神経をとることで歯は脆くなってしまいます。
しかし、感染した神経・炎症を起こした神経を放置しておくと痛みがひどく出たり、頬っぺたまで腫れることがあります。
ひどい場合は熱も出て点滴で入院が必要になる場合もあります。
そのためとらないといけない神経はとっておかないといけないのです。

神経をとる治療を抜髄(ばつずい)処置と言います。

抜髄治療の流れ

  1. 表面麻酔を塗る。
  2. 処置する歯に局所麻酔を行う。
  3. 虫歯の部分をすべて削り取る(タービンなどの切削器具使用)
  4. 歯の神経を除去していく(リーマーやファイルと呼ばれる細い針のような器具を使います)。
  5. 神経の入っていた管(以下、根管と呼びます)を洗浄し消毒する。
  6. 根管内を乾燥させる。(この時根管内にエアーを強圧でかけると気腫を起こす危険性があるので綿栓で乾燥させる)
  7. 綿栓に薬剤を付け根管内に入れ仮のフタをする。
  8. 痛みなどの症状がなく、根管内がきれいであれば最終的な詰め物を根管内に充填します。(だいたいはガッタパーチャポイントと呼ばれる材料を詰 めます。)
  9. その後歯に土台(コア)を立て、被せ物または詰め物を行い終了です。

以前歯の種類による神経の本数について書きましたが、前歯と奥歯では構造が全く違い、神経の治療の難易度も違います。
まっすぐな根管であれば比較的短時間に処置できますが、湾曲した根管や根管が細くなっている場合などは処置に時間がかかってしまいます。

注意点

  • 神経の治療中の歯は脆くなっているため硬いものを噛むと、根が割れたり、痛みが出る原因になります。
  • 治療途中で放置すると再度虫歯菌に感染し、残せた歯も抜かないといけなくなることもあります。
  • 痛みがなくなった所が神経の治療終了ではありません、きちんとした歯が入るまでしっかり治療を受けましょう。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください