薬で治す歯周病 歯周内科

薬で治す歯周病 (歯周病菌除菌療法)歯周内科治療

長崎県諫早市の歯医者(歯科、歯科医院)ふじた歯科です。今回は歯周内科治療、歯周病菌除菌療法のお話をさせていただきます。ふじた歯科では今後 歯周病原因菌の除菌治療も行なっていきます。今まで歯周内科治療と言われていたものを発展させた歯周病治療です。
ほとんどの方が認識されていないと思いますが、実は歯周病は細菌感染症です。
ですから歯周病菌に感染しなければ歯周病は発生することはありません。

ところでこれは事実ですので、理解して欲しいのですが、誰でも、どなたのお口の中にも細菌がいます。どのくらいいるかというと、歯垢1g中に生菌が1000億個、唾液1ml中 生菌が1億個いると言われています。ちなみに大便(うんこ)1gの中には生菌10億個いると言われています。つまり、歯垢に中には、うんこより多くの生菌がいるのです。(驚いたでしょう?)

ただし歯周病も歯垢の中に悪い菌=悪玉菌がいなければ歯周病に罹患しません。
悪玉菌がいない人は特別丁寧に歯磨きしなくても歯周病にもなりませんが、悪玉菌が多くいる人がどんなに歯磨きしても歯周病が悪化することになります。

この中で、歯周病の悪玉菌の代表がレッドコンプレックスと言われる次の3種類です。重度の歯周病に大きく影響していると言われています。

歯周病の原因菌 Red Complexとは

P.g菌、T.d菌、T.f菌 3菌株は合わせて「Red Complex」と呼ばれ、その総量が歯周病に大きく影響を与えていると言われています。
先ほど記載しましたが、口の中には約900種類の細菌が存在していると言われています。その細菌を、歯周病への関連が高い順に分類し、ピラミッド状に模式化したものです。Socranskyの分類とも言います。Red Complexと呼ばれる3菌種はピラミッドの頂点に位置し重度の歯周病にもっとも影響を及ぼしていると言われています。

歯周内科Prophyromonas gingivalis プロフィロモナス・ジンジバーリス(P.g菌)
Tannerella fosythia トレポネーマ・デンティコーラ(T.f菌)
Treponema denticola タンネレラ・フォーサイセンシス(T.d菌)
上記3菌種をレッドコンプレックスと言います。

 

ですから、歯周病治療を行う上で大切なのは、まずそういう悪玉菌がいるかどうかを調べることが重要となります。もしいたらどうするか、ここで対策があります。除菌することができるのです。


リアルタイムPCR法とは

この菌を検査するのがリアルタイムPCR検査と言い、歯周ポケット内の細菌を調べます。リアルタイムPCR法とは、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)による増幅を経時的に測定することで、増幅率に基づいて鋳型のとなるDNAの定量を行うことです。難しいのですが、検出したい菌のある特定の遺伝子配列だけを増幅させる技術のことで、菌種に固有の遺伝子配列を利用した技術です。口腔内には多数の菌が存在しますが、菌の種類だけ遺伝子(DNA)配列が存在します。
菌数の測定には、その菌に固有の遺伝子配列部分を認識・結合するプライマーを用いて行うようです。
1週間くらいで結果が出るので、それを待って治療していきます。
(位相差顕微鏡でらせん菌が多く、レッドコンプレックスの存在が明らかに疑われる場合は、検査結果が出る前から治療を開始する場合もあります)

除菌療法とは

胃がんの原因と言われるピロリ菌をご存知でしょうか?胃の中にいる菌です。この菌がいると胃がんになりやすいと言われており、そのためこの菌を根絶する治療法があります。薬による除菌療法です。実は私、藤田もピロリ菌の除菌を行なって成功した事実があります。
同様に歯周病の悪玉菌も薬によって除菌することができるのです。細菌の集合体であるバイオフィルムを破壊するために抗生剤と抗真菌薬を使用します。その後菌種の存在によっては追加抗生剤を使用します。ただ、服薬だけでは除菌できないので歯周ポケット内の清掃や歯周病基本治療も除菌薬が効いている間に行います。また仕上げに3DS療法も加えることにより、より効果の期待できる除菌法とします。そうすると歯周病を治すことができます。これが薬と歯周治療を併用した歯周病菌除菌療法です。

除菌療法の効果

除菌療法のメリットは、歯周病原因菌レッドコンプレックスの除菌によって、口腔内の細菌叢(さいきんそう)が変わって歯周病悪玉菌がいなくなることです。すると歯周病が治ったり、重度歯周病の場合でもそれから進行しないことになります。
また、これは介護問題でもありますが、要介護者に発生する誤嚥性肺炎の原因が口腔内細菌と言われてますので、悪玉菌がいなくなると介護が必要になってから頻発する誤嚥性肺炎も少なくなることになります。そのため介護を受ける前の段階で歯周病原因菌の除菌をするように勧める歯科医師もいるくらいです。

歯周病除菌療法は保険適用外です。

素晴らしい除菌療法ですから、歯周病に罹患されている方、皆さんに受けていただきたいのですが、厚生労働省の歯周病治療のガイドラインに沿った治療ではないので保険では認められておりません。ですから自費治療になります。ですが歯周病で歯をなくし、嫌な思いをするよりは、自分の歯を残していって食べる喜びを感じた方が良いと私は思います。

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください