研修会レポート

第3回目の在宅訪問歯科衛生士養成講座を受講しました。

先日、2月28日(土)にふじた歯科 スタッフ土田、上町、花房、吉田、田中の計5名で3回目の在宅訪問歯科衛生士養成講座を受講しました。

今回のセミナーの内容は、「口腔ケア・摂食・嚥下訓練」でした。
講師の先生は長崎県歯科医師会 地域福祉委員会 江頭 聡先生と長崎県歯科衛生士会の田中 朝子先生による講演、実習がありました。そして歯科衛生士会会長 猪野恵美先生もインストラクターとして来られていました。

第3回目の在宅訪問歯科衛生士養成講座を受講しました。在宅訪問診療を行う際の流れや、記入資料、またその時衛生士として何をしたらいいのかということのアドバイスをして頂きました。

そして実際に患者さんのお口の中の処置やケアを行う場合の姿勢の位置や、いろいろな場面での対応の仕方、例えばうがいが出来ない方、お口が上手く開けれない方、口腔乾燥症の方などの対応の仕方を教えて頂きました。
そして診療を行う前にはまず患者さんをリラックスさせることが大切で挨拶などの言葉かけを行いお口の中を初めから触ろうとしないようにとのことも言われていました。確かに見ず知らずの方にいきなりお口を触られると誰でも嫌ですよね。

訪問でお会いする患者さんは家族や施設のスタッフの方のように特定の方としか接していない方も多くいらっしゃると思うので…コミュニケーションの取り方、いかにリラックスして頂けるかがすごく大切だと思いました。

口腔周囲筋のストレッチや舌のマッサージ、口腔ケアを行う時に使用するスポンジブラシ、モアブラシの使い方などの実習を実際に衛生士でペアになり患者と術者として行いました。
お互いの立場を体験することでする側のテクニックしだいで不快に思うこともあるとわかりました。
そして口腔ケアの保湿剤などの商品も今は数多くあり、実際に私たちも使い良いものを選んでいきたいと思います。

またここで習ったやり方をしっかりと練習し患者さんに少しでも ケアしてもらってよかったと喜んでいただけるようにしていきたいと思います。

あと来月末に1回あるので最後まで受講しふじた歯科全体のスキルアップに繋げたいと思います。

インスタグラム
feisubukku

長崎県 諫早市 多良見町 ふじた歯科

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください