2017年6月 『アスパラガスと玉ねぎのおひたし 』

◆6月のかむかむレシピ

新陳代謝を促し疲労を回復させるアスパラガスと、血行促進や花粉症の予防が期待さ れている玉ねぎの組み合わせ。

フラボノイド色素の組み合わせ。フラボノイド色素であるルチン、ケルセチンを含む ため、毛細血管を丈夫にし、血液サラサラ効果を高める。

玉ねぎに含まれる硫黄化合物は、揮発せいで水溶性なので、切ったらすぐに生で食べ るとよいが、同じ玉ねぎに含まれるケルセチンは、熱に強く脂溶性なので、スープや炒め物にするとよい。

調理法により玉ねぎの持つ健康効果が異なることを知っておこう。

2017年6月 『アスパラガスと玉ねぎのおひたし 』

材料4人分
アスパラガス1束
玉ねぎ1個
だし汁 大さじ3
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1/2
適量
かつお節適量

★作り方★

  • アスパラガスは根元のかたい部分を切り、塩を加えた湯でさっと茹で、ざるで冷ます。 粗熱がとれたら食べやすい大きさにカットする。
  • 玉ねぎは薄くスライスして、軽く塩をふってもみ、水気を切る。
  • ボウルにAを入れて混ぜ合わせて水気を切った①と②を入れて冷蔵庫で20分浸す。
  • 器に盛り付けて、お好みでかつお節をかける。