電解中性機能水システム「ポセイドン」

ポセイドンシステム

ふじた歯科ではより衛生的なお水で治療を受けて頂くために『ポセイドン』(=電解中性機能水システム)を導入しています。
歯科医院では様々な場面でお水を使用しています。

治療時に患者様がうがいをするお水、歯を削る機械(タービンなど)から噴出されるお水、その他ふじた歯科内で日常的に使用するお水は全て水道水を使用していました。

治療に関しても 水道水ならきれい とのことで今まで治療を進めてきましたが、歯を削る機械などは、細い配管を複雑に通ってくる水を使用するため細菌が繁殖しやすい状態になっています。やはり細菌の数は少ないことにこしたことはありません。

実際に歯科用治療診療台のクリーニング、水質検査を行うと何らかの細菌が発生しているというデータがあります。
細菌が存在する状態で治療を行えばなんらかの感染に繋がる可能性があります。

治療に対する“感染”というリスクを可能な限り排除するため、ふじた歯科ではポセイドンを導入しましたが、そのシステムが必要か否かは医院の判断によるものと思います。

長崎 諫早市 ふじた歯科 ポセイドンシステム
長崎 諫早市 ふじた歯科 ポセイドンシステム
長崎 諫早市 ふじた歯科 ポセイドンシステム

ポセイドンを通水させることで、ふじた歯科すべての水道水に含まれている残留塩素を補正し、その成分である「次亜塩素酸」と「次亜塩素イオン」を含んだ「電解中性機能水」に置き換えます。

水道水のみを使用し、薬剤や添加物などは一切使用していないため、人体には無害です。そのためうがいをする水は安心して飲むこともでき、治療中に歯を削る機械(タービンなど)から噴出されるお水が衛生的になる、そして細菌数はゼロに近いということで治療環境を衛生的に保つことができます。

患者様には安全で安心できる環境で治療を受けていただくことができます。 ふじた歯科では細菌数を日本食品分析センターで分析してもらいました。

長崎 諫早市 ふじた歯科 ポセイドンシステム

上記は、一般的な歯科医院の治療用ドリル(タービン)から出る水に含まれる細菌数を日本食品分析センターが『ポセイドン』導入後に測定したものです。
「細菌数検出限界以下」という水質最高レベルの評価を得ることができました。