再生した「本物の歯」で入れ歯

おはようございます。長崎県諫早市の ふじた歯科 藤田です。
今日はインプラントをしている歯科医師にとって興味あるニュースが飛び込んできました

まだ実験レベルでの話で、しかもマウスでの実験ですから、実際に人間で応用できるかどうか、いつ頃に可能になるかなどは、まだまったく予想がつきませんが、夢の再生療法の第一歩と言えるのではないでしょうか?

今現在。不幸にして歯を失くした場合、義歯かブリッジかインプラントしかありません。
本物の歯の代わりとして、インプラントが多くの方に受け入れられ、再び咬む喜びを甘受されています。

夢の再生療法としては、患者さん本来の歯牙細胞を培養し、歯を作り、それを移植することです。色々な研究がなされておりますので、いつかは可能なことと私も思います。
なんとか私が現役の歯科医師でいるときに実現してほしいですね。

以下、7月13日の時事通信からの記事です。

――― 高齢化や事故で歯を失った人が、「本物の歯の入れ歯」の移植を受け、自分の歯が再生する―。夢の治療の実現を期待させる基礎技術が、東京理科大と東北大、東京医科歯科大の研究チームによってマウスで初めて開発され、12日付の米オンライン科学誌プロス・ワンに発表された。

東京理科大の大島正充助教や辻孝教授らは、マウス胎児から歯のもとの細胞を採取し、歯の原型「歯胚(しはい)」の段階まで培養。プラスチックの型枠に4、5本並べて入れ、腎臓皮膜下に一時的に移植した。

2カ月弱かけて大きさがそろい、エナメル質や象牙質、歯髄、歯根膜を備えて歯槽骨でつながった「再生歯ユニット」に成長させてから型枠を外し、歯を抜いた跡に移植した。1本移植した場合の詳細分析では、顎の骨と結合し、歯髄に血管や神経もでき、餌をかみこなせることが確認された。

人間の場合は、歯のもとの細胞をどのように準備し、体内や試験管内でユニットまで成長させるかが課題。移植に伴う免疫拒絶反応を避けるには患者自身の細胞が望ましく、少年なら親知らずの歯胚、大人なら皮膚細胞に遺伝子群を導入して作る万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を利用できる可能性がある。 ―――