小児歯科と歯周病

諫早ふじた歯科・矯正歯科は、歯周病治療をメインにおいていて、大人の治療ばかりやっていると思われる方もいると思いますが、実は多くの子供の治療もおこなっています。つまり小児歯科治療も数多くしているのです。諫早ふじた歯科・矯正歯科の小児歯科治療は大きな特徴があります。

 

子供の時、将来的に永久歯をいかに長く残すことができるのかが決まります。

いかに歯医者嫌いにならなくて、歯周病予防をしっかりできる大人になるかは、子供の頃の歯医者とのかかわり方に影響を受けるからです。

 

諫早ふじた歯科・矯正歯科では子供の治療をするときに無理やり治療はしません。特に押さえつけて治療することはほぼありません。

 

では何故、押さえつけて子供の歯の治療をしないのか?

 

私・藤田は虫歯である乳歯の予後をよくするのではなく、将来的なその子供のことを考えています。というのは、治療に来た子供たちが、どれだけ将来いい歯を残せて、永久歯(大人の歯)になった時に困らないかを考えているのです。

 

乳歯は交換してしまう歯です。もし嫌がる子供を押さえつけたりして無理やり治療したとします。その子は当然その時の恐怖がトラウマのごとく記憶に残るでしょう。そうすると歯医者嫌いの子供が誕生します。それからずーと歯医者がきらい。できれば避けて通りたい。痛いときしか歯医者に行かないので重症化して、治療するのも大変な治療になり、また痛い思いをする。悪循環ですね。そしてますます口の環境が悪くなっていきます。

 

ですからその時、無理して嫌がる子供を治療して、交換する乳歯を無理して治すことよりも、その子が歯科医院を嫌いにならずに、喜んで歯医者に通うような子供にすることが大事だと思っているのです。そうすれば、予防に通って悪くしなければ一生きれいな健康な歯で食事をすることができます。

 

つまり、予防に通ってくれて、そのほかの歯(特にこれから生えてくる永久歯)を虫歯にしないということが最も重要だと思うのです。

 

ですから、もしその子が治療を拒否して、治療を全然やらなくても、押さえつけて治療をすることをしたくないのです。とりあえず、虫歯をなおさないけれども、今後虫歯にならないように、進行止めの薬を塗ったりして、予防を先行してやる。そうしたことで歯科医院に慣れてもらう。もし慣れて治療ができるようになったら、治療をやればよい。

 

ただ、もしその歯が強烈に痛くなったら、そのままではかわいそうですよね。そういう場合は押さえつけても治療するかもしれません。子供の立場として、痛い歯が、押さえつけられて治療したとしても、痛い歯が治療したことによって痛くなくなったら、子供にしても納得のいくことではないでしょうか? こういう場合は、押さえつけられた結果歯医者嫌いになることは、私の経験上少ないと思います。

 

一つの虫歯を治すということよりも、その子が将来的に虫歯をつくらない環境つくりをする。そこを重要視しています。子供にも安心感をあたえ、保護者にも安心感を与え、信頼してもらうということを目標にしているのです。これが当院で『押さえつけて子供の歯の治療をしない』理由です。

このように子供が歯医者嫌いにならなくて、大人になった時、歯科予防を進んで受けてくれるようになったら歯周病予防ももっとうまくいくと思っています。