野菜たっぷり皿うどん

こんにちは 長崎県 諫早市 ふじた歯科です。

 

ふじた歯科では食育にも力をいれています。

 

9月はキャベツをたくさん使ったレシピです。

長崎県 諫早市 歯医者 ふじた歯科 かむかむレシピ

 

材料

豚肉

にんじん

たまねぎ

キャベツ

もやし

かまぼこ

コーン

イカ

ぱりぱり麺

 

調味料

オイスターソース

しょう油

塩こしょう

砂糖

鶏がらスープの素

水溶き片栗粉

 

 

作り方

  1. フライパンに油を入れ、豚肉を炒める。
  2. そのあと、、にんじん、たまねぎ、キャベツ、もやしを入れ炒める
  3. イカを入れて炒め、かまぼこ、コーンを入れまた炒める。
  4. 調味料で味を整えて、片栗粉でとろみをつけたら餡の完成
  5. お皿にぱりぱり麺を盛り付け、餡をかけたら完成!!

 

 

キャベツは、淡色野菜のなかでは、カロテンやビタミンCを多く含む野菜です。ビタミンC含有量は、季節によって影響をあまり受けず、夏場のホウレンソウよりも多いです。ただし、キャベツのビタミンCは加熱すると半減してしまうというデメリットがあります。また、調理の過程で千切りにして水にさらした場合では、ビタミンCの減少率は20%くらいです。出来る限り、生のままで食べると良いです。

キャベツ特有の成分として、胃腸粘膜の新陳代謝を活発にするビタミン成分とされるビタミンU(キャベジン)が知られています。ビタミンUは熱に弱く、加熱調理すると減少する。部位によって含有量に差があり、外側の緑色が濃い部分はカロテンを多く含み、中心の芯の方には、ビタミンCを多く含んでます。