矯正について

矯正について

 

こんにちは。長崎県諫早市の歯医者 ふじた歯科 高橋です。

 

歯の噛み合わせが良くないと磨き残しができてしまい、虫歯や歯周病の原因になったり、食べ物をうまく噛むことができない可能性があります。

その他にも噛み合わせに影響が出てあごが痛くなったり腰やひざに症状が出る方もいます。

またよくかめないので慢性的な胃の不調から始まる全身的な不調も歯並びが影響していることもあります。

 

大人の歯の矯正にはワイヤー矯正とマウスピース矯正があります。

 

 

ワイヤー矯正

 

ワイヤー矯正とは歯の表面に器具を取り付けることで歯並びを調整していきます。

ワイヤー矯正の器具は取り外しが不要です。ご飯を食べるときも装置を外さずに食べることができます。

常に装置が付いているので治療の効果は確実に発揮されます。しかし常に装置が付いているので歯磨きがしにくいことや唇などを傷つけてしまう可能性もあります。

 

 

 

マウスピース矯正

 

マウスピース矯正は従来のブラケットやワイヤーを使った矯正治療と異なり、透明に近いマウスピース型の矯正装置を使った矯正治療方法です。一人ひとりの歯に合わせて作成される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。

マウスピースは透明なので目立ちにくく周囲にほとんど気づかれずに着用でき、金属を用いないので金属アレルギーの心配がありません。ワイヤーなどの突起物がないため口腔内を傷つけることもありません。

 

 

Q:治療できる範囲は限られますか?

A:マウスピース矯正も進化しており様々な症例に適応されるようになってきました。ただし、マウスピース矯正ではできないような症例もあります。一般的にワイヤー矯正の方が治療範囲は広いとされています。どんな矯正治療がベストなのか気になる方は一度無料相談をご利用ください。

 

Q:治療期間はどれくらいですか?

A:治療期間は人によって様々なのでお答えすることはできません。数カ月で終了する方や年単位で治療を行う方までいます。マウスピース矯正の場合iTeroと呼ばれる光学スキャンを行い専門の期間にデータを送信することで治療計画が作成されます。マウスピースの枚数でおおよその治療期間が開始時にわかる事となります。

 

Q:年齢に制限はありますか?

A:年齢による制限はありませんが、歯列の状態によって様々な治療法がございますので一度ご相談されてください。人生80年の時代から100年の時代へと移行してきているとも言われます。そのなかで健康寿命を1年でも長くしていくためにも矯正治療はオススメです。50歳代や60歳代から矯正治療を開始する方もいらっしゃいます。

 

 

当院では小児矯正やワイヤーの矯正はもちろんマウスピース矯正にも力をいれています。興味のある方は一度相談に来てみてくださいね!(^^)!