マウスピース型矯正は痛い?痛くない?

 

■マウスピース型矯正は痛い?痛くない?

諫早ふじた歯科・矯正歯科ではブラケット矯正もマウスピース矯正もどちらも行なっています。

マウスピースを用いた矯正は、装置が目立ちにくい、装置による不快感が少ない、といったメリットがありますが、痛いかどうかも気になりますよね。快適な矯正法とはいえ、人為的に歯を動かすのですから、ワイヤー矯正と同様、それなりの痛みを伴いそうなものです。今回はそんなマウスピース型矯正に伴う痛みに付いてかんたんに解説します。

 

ブラケット矯正・マウスピース矯正

▼ワイヤー矯正ほど痛くはない?

 

ワイヤー矯正とマウスピース型矯正を比較すると、明らかにマウスピース型矯正の方が痛くないです。これは歯を動かすメカニズムが両者で大きく異なるからです。ワイヤー矯正では、1本1本の歯にブラケットと呼ばれる留め具のようなパーツを設置して、そこに金属製のワイヤーを通します。そのためかなり強い力で歯を動かすことが可能となります。

 

一方、インビザラインに代表されるマウスピース型矯正装置は、ポリウレタン製のマウスピースを装着することで歯が移動します。1枚のマウスピースで動かせる歯の距離はごくわずかであり、そもそも強い力がかかりにくくなっています。そうしたことから、マウスピース矯正の方が歯の移動に伴う痛みも少なくなっているのです。

 

▼痛みの感じ方には個人差がある?

 

当然ではありますが、同じ刺激を受けた場合でも、それを痛いと感じる人と痛くないと感じる人がいますよね。痛みへの感受性というのは人それぞれで大きく異なるため、矯正用のマウスピース装置を装着することで、ものすごく痛いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、一般的には我慢できないほどの痛みが生じることはありませんのでご安心ください。

 

▼まとめ

 

このように、マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、ワイヤー矯正と比較すると痛くないケースが多いです。とはいえ、矯正治療である以上、痛みをゼロにすることは不可能です。その点を理解した上で、歯並びの治療を検討してみてください。

矯正歯科治療に関してはこちら

大人の矯正治療に関してはこちら

マウスピース矯正に関してはこちら

 

諫早ふじた歯科・矯正歯科