子どものむし歯予防について  ボード情報

諌早市の歯医者  諫早ふじた歯科・矯正歯科です。

今月のボード情報はこどものむし歯予防についてです。

こどもにむし歯をつくらないために

1番効果的なのは、フッ素を使用することです!

歯が生えてから3年間は、歯はむし歯に対する抵抗力が弱いのです。

だからむし歯は3歳までにできます。

その時期にフッ素を使用することで歯自体が強くなり、むし歯に対する抵抗力も上がります。

3歳までにフッ素を正しく使用しむし歯ゼロを達成させましょう!!

諫早ふじた歯科・矯正歯科では、ぶくぶくうがいの出来る3歳以上のこどもはフッ素洗口をオススメしています。ぶくぶくうがいをすることでお口の中全体にいきわたるのでむし歯予防の効果は高いです。ぶくぶくうがいのできない子はフッ素のジェルを塗っていきます

フッ素の他にもむし歯にならない為に必要なことはがあります

〇飲食回数を決めましょう。 飲食すると脱灰と言って歯が溶けだしますしかその後唾液の作用による再石灰化が行われ溶けた歯が元に戻ります。しかしずっとだらだら食べをしていると再石灰化が行われず歯がずっと溶けている状態になります。そうするとむし歯になりやすくなります。出来る限り飲食回数をまとめてだらだら食べをしないようにしましょう!!

〇小学校3年生までは仕上げ磨きをしましょう。 小学校に入ったら永久歯が生えてきます。生えてから3年間はとっても弱く、この時期にむし歯にさせないようにしましょう。

 

なにかご不明な点や質問がある方はお気軽にスタッフにお声掛けください!!

これまでのボード情報はこちら