矯正治療は保険は効かない(一部除き)

【 矯正治療は保険適用外? 】

 

諫早市の歯医者、諫早ふじた歯科・矯正歯科の藤田です。

矯正治療は“費用が高い”ことで有名です。日本人の多くは歯並びに悩みやコンプレックスを抱いているものですが、矯正治療が高いことから、何もせず放置してしまうケースがあまりにも多いといえます。そこで気になるのが矯正治療の保険適用ですよね。矯正治療に保険が適用されれば、気軽に歯並びの悩みを解消することができます。

 

諫早ふじた歯科・矯正歯科 矯正器具

▼矯正治療は原則として保険適用外

 

残念ながら現状、矯正治療は原則として保険適用外となっています。これは昔から変わらないことで、矯正治療の費用が高額になってしまう理由のひとつでもあります。ただ、ひとことで矯正治療といっても、治療法にはいくつか種類があり、それぞれで値段も変わってきます。保険適用外とはいえ、部分矯正であればかなり費用を抑えることも可能です。

 

▼保険が適用される矯正治療もある?

 

実はあまり知られていないのですが、矯正治療でもケースによっては保険適用内となることがあります。例えば、先天性の病気によって顎や歯列に大きな異常を抱えてしまった場合は、いくつか課せられている条件を満たすことで、一部の矯正治療が保険適用となります。そうしたケースは、医科での治療も必要なことがほとんどであり、根本的な病気を治療する過程で、医師もしくは歯科医師から保険適用の矯正治療を進められることでしょう。ですから、一般的な症例で矯正治療が保険適用されることはまずないと考えて間違いありません。

 

▼まとめ

 

このように、小児矯正と成人矯正いずれも原則として保険内で受けることはできません。保険外診療となることから、治療にかかる費用は10割負担となります。その結果、出費がかさんでしまいますが、医療費控除を利用したり、デンタルローンを活用したりすることで、経済的な負担を軽減することも可能です。そんな矯正治療にかかる費用や支払い方法について何か疑問に思うことがあれば、いつでも当院までご相談ください。

矯正の治療費かこちらからご覧ください

諫早ふじた歯科・矯正歯科