前歯だけの部分矯正

こんにちは。諫早市の歯医者  諫早ふじた歯科・矯正歯科の藤田です。

 

今回は前歯だけの部分矯正は出来るのか?について説明したいと思います。

 

前歯だけの部分矯正はあまりおこなっておりません。前歯だけが整っても奥歯がガタガタでは健康的なお口とは言えません。全体的な調和を考えて判断します。

 

ふじた歯科では大きくわけてワイヤー矯正とマウスピース矯正をしています。

諫早 歯医者 諫早ふじた歯科・矯正歯科 ブラケット矯正

ワイヤー矯正は歯に金具を取り付け、針金を通して全体的に歯の並びを整えていくやり方になります。歯にワイヤーを通すことの出来る装置の事をブラケットと言い、その装置にワイヤーを通して少しずつ歯を移動させていきます。治療が終わった後はマウスピース矯正にかえて歯が元の状態に戻らないようにしていきます。

 

マウスピース矯正はご飯を食べる時以外はマウスピースをつけて生活するやり方になります。マウスピースにはアタッチメントという小さなポッチを歯の表面に取り付けることによって歯をしっかり動かすことができます。透明の装置になっているので見た目も気にならないのが特徴です。マウスピース矯正は終わった後も歯が戻らないようにずっと続ける必要があります。

 

前歯のみの矯正を行っていない理由は前歯を動かすと、どうしても一緒に奥の歯まで動いてしまうこともあるためです。そうすると、噛み合わせが変わってしまい、矯正をする前よりも歯の状態が悪くなってしまいます。そのため、前歯や八重歯の部分矯正を希望している方でも、全体的に歯を動かすことになります。

マウスピース矯正ができない症例もあります。例えば歯周病が進行している方や、インプラントを入れている方です。

歯周病とは、歯垢の中の細菌によって歯肉が延焼し、症状が進行すると歯を支えている歯を溶かして、最終的に歯を失ってしまう病気の事です。歯周病にも段階があります。歯肉の腫れや出血がない軽度な状態であればマウスピース矯正を行うことができますが、歯肉に腫れや出血がある重度の状態になると、歯を支えている骨が溶けてしまっているため、歯に無理に力を加えてしますと抜けてしまう可能性があります。そのため、歯周病が進行している方は矯正治療を行うことができません。

ですが、歯周病の方でも完治させると矯正治療を行うことができます。ただし、炎症が納まっても、歯を支えている骨の状態がよくないと矯正は行うことができません。

また、インプラント治療を行うと歯根膜が失われてしまうためインプラントを入れている方は矯正治療を行うことができなくなっています。

今、諫早ふじた歯科・矯正歯科では無料矯正相談を行っております。少しでも興味のあるかたや、話を聞いてみたいと思った方はぜひ相談にお越しください

矯正治療に関してはこちら