シーラントしたのに虫歯?

諫早市の歯医者   「諫早ふじた歯科・矯正歯科」の歯科医師  仲間 雄基です。

シーラントをしたのに虫歯になるのか?

結論から言うと、シーラントをしても虫歯になります。

理由は以下の二つのことが挙げられます。

①シーラントが外れる

歯の溝にプラスチックの材料流し込んで固めています。唾液の成分によって材料が溶け出したり、毎日のお食事でシーラントが欠けたり、外れたりします。そのため外れてしまったシーラントの隙間に虫歯菌が入り込み、虫歯ができてしまうのです。取れたり欠けたりした場合には再度詰めなおすことができます。しかし、ご自身ではシーラントが外れたり、欠けたりしたかは分かりづらいかと思われます。そのために、定期的にメインテナンスを行い、確認する必要があります。

 

②シーラントと歯の隙間から虫歯になる

虫歯菌は顕微鏡でないと見ることができないくらい小さいです。なので、時間がたってしまうとシーラントと歯の隙間に虫歯菌が入っていくことがあります。なので、その隙間から虫歯菌が入っていき、シーラントの下で虫歯が出来てくる場合があります。その場合、歯が黒くなって見えることがあります。虫歯になっていないかを確認するために当院ではダイアグノデントという機械(レーザー光を使って虫歯を検出する機械)を使用して確認していきます。

シーラントはメリットが大きい!

シーラントは虫歯予防のために必要な処置です。

乳歯の奥歯や生え代わりの時期の永久歯は歯の表面が成熟していないため虫歯に弱いです。また奥歯の溝は汚れが付きやすく、歯ブラシが難しい場所になります。なので、奥歯溝の部分にプラスチックの材料を流し込んで汚れが付くのを防ぐことができます。

メリット1

虫歯になるリスクを減らせる。虫歯になりやすい部位は決まっており、その一つとして奥歯の溝になっている部分です。そこにシーラントをすることで表面がツルツルな状態になり、汚れが溝に溜まりにくくなったり、歯磨きしやすい形態になり汚れも落ちやすくなります。特に歯磨きが苦手だったり歯磨きをすぐ終わるお子さんにはお勧めです。そのため虫歯になるリスクが減ります

メリット2

シーラントにはフッ素が含まれているため、歯の表面の強化の目的もあります。生えたばかりの歯は、表面が未成熟で弱く、唾液中のカルシウムなどを吸収して徐々に強くなっていくため、その過程で虫歯にならないようにシーラントを行います。

メリット3

歯を削らなくて済む。

虫歯になると歯を削る治療が必要になり、歯の寿命がどんどん下がってしまいます。また。麻酔もするので辛い経験をされた方も多いかと思います。シーラントは歯を削らずに予防ができるので安心して治療が受けられます。

 

まとめ

シーラントは虫歯予防に効果的な処置です。しかし。そのまま放っておくと虫歯になるリスクは高まります。そのためにもメインテナンスを行い、定期的に確認する必要があります。また、シーラントしても毎日の歯磨きはしっかりするようにしましょう。

シーラントについてこちらの記事をご参照ください