舌の正しい位置について

 舌の正しい位置とは?

こんにちは 長崎県 諫早市 多良見町の歯医者 諫早ふじた歯科・矯正歯科です。

舌には決まった位置があるのはご存知ですか? 意識しない状態で舌の位置を確認してみてください。

実は舌には決まった位置があります。

場所は上顎、前歯の内側にあるふくらみの部分です。 そこに舌先がふれ、舌全体は上顎に軽く触れている状態が正しい位置になります。 この場所のことを『スポット』と呼びます。

諫早市歯医者

この『スポット』舌先がない方は、間違った習慣がクセになっているかもしれませんね。

ではこの『スポット』がなぜ舌の正しい位置なのかお話していきます。

まず、舌は筋肉の塊です。

そのためかなりの力を持っています。 舌が本来あるべき場所『スポット』にない方は、この舌の力によ

って歯並びに影響がでます。

また、歯並びの他にも影響がでるものがありますのでお話していきます。

 

 

《舌が間違った位置にあると影響があること》

・口呼吸になる為唾液の分泌が阻止され、口臭、虫歯、歯周病、ドライマウス、風邪をひきやすくなる。

・睡眠時無呼吸症候群になる場合もある。

・舌の筋力が低下し、滑舌が悪く、発音がしにくい

・顔がたるむ

・いびきをかく

 

舌の置き場所だけでこんなにも身体に影響がある事に驚きますよね。

次に間違った舌位置の改善方法についてです。

舌のみではなくお口周りの筋肉が正しく機能することもとても大切になりますので、MFT(口腔筋機能療法)を用いていくつか紹介します。

 

《舌のトレーニング》

①ポッピング・・・舌の正しい位置を覚える

舌を上顎に持ち上げ、舌全体で力強く吸い上げる「ポン」とおとを出す

この時、舌先はスポットにつけまるめないこと

 

② ファットタング・スキニータング・・・舌のかたちを変える

舌を平にしたり、尖らせたりする

 

③ ティップ&スティック・・・舌の筋トレ

スティック又は割り箸を口の前で持ち、舌を真っ直ぐに尖らせ強く押し当てます

 

《唇、頬のトレーニング》

①ボタンプル・・・お口周りの筋トレ

用意するもの▶︎ボタン、糸

ボタンの4つ穴に糸を通します。

ボタン部分を、唇と歯の間に挿入し糸の部分を持ち真っ直ぐ引っ張ります。

1日10回ほどを目安に唇、頬を鍛えましょう。

※この時飲み込まないように注意してください

 

②唇を閉じる

スティックまたは割り箸を上下の唇の間にはさみ、唇を閉じて10秒ほどキープします。

 

③あいうべ体操

「あ」「い」「う」「べ」とゆっくりと大きく口を動かします。

これを10回繰り返します。

10回を1セットで1日3セットを目指しましょう。

 

 

このようにお口周りのトレーニングは簡単に行えます。

毎日の隙間時間に少しづく行い綺麗な口元を目指しましょう!

当院では小児を対象に定期検診での口腔機能管理を行っています。

気になる方は、是非ご相談ください。