小児歯科について

「子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療をされているかは、永久歯の歯並びだけでなく、

成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり歯茎が腫れたりした際、
治療経過が悪いのが現状です。

子供の歯は生え変わるので大丈夫という考えはとても危険です。
お子様の正常な成長発育のため、治療と同じく予防をしていくこともとても大切になってきます。

長崎 諫早市 ふじた歯科 小児矯正


お子様の矯正治療のメリット

成長を利用した矯正治療が可能

子供の頃から矯正することは多くのメリットがあります。 子供は常に成長をしています。 その成長を利用して、歯並びが悪くなる原因を取り除いてあげることができます。 子供の頃に矯正を行うことで、大人になるとできない、骨格に対するアプローチや、生えたばかりの永久歯の移動、悪いくせ(ベロを前に出したり、口呼吸したり)などの改善もすることが可能です。

お子様の時期にしかできない矯正治療があります

これらの治療方法は成長が止まり骨が固まった成人になるとできなくなります。
子供の時期に矯正治療を行うことは単なる歯並び以外の治療も同時に可能になることから、当院では、お子様の矯正治療を原則すすめています。(お口や歯並びの状態によっては矯正治療をお勧めしないこともございます。)

特に骨格は低年齢ならきれいに治ることが多いです。
例えば、上あごや下あごを引っ込めたり、逆に前に出すこともできます。

あご自体を大きくすることもできます。 体の成長を利用し、これらのことを組み合わせた治療ができるのは子供の時期だけなのです。

最新の小児矯正「バイオブロック矯正」

また、当院では、お子様の時期にだけ可能な最新の矯正治療「バイオブロック矯正」という治療方法を取り入れています。「バイオブロック矯正」とは一言で言いますと、歯並びの改善にくわえて体全体が健康になる矯正治療といえます。

矯正治療は歯並びがよくなって終わり、と思われがちですが、そんなことはありません。歯並びが悪くなっている原因である、舌の位置や動かし方、などを改善しなければ、一旦歯並びがよくなっても、再度歯並びが悪くなってしまうことがあるのです。

そのような問題点を解決した方法が、「バイオブロック矯正」です。
この治療方法はまだ新しいものであり、一般的には普及していませんが、お子様の治療にメリットが非常に多いと判断し、取り入れています。

詳しい内容は下記からも見ていただくことが可能です。

バイオブロック矯正(プレミア矯正)とは?

歯並びの改善だけではなく健康になる治療

一般的な小児矯正は、歯並びだけをきれいにすることが目標とされていることが多いです。しかし、歯並びが悪くなっている本当の原因は不十分な顎(骨格)の成長によって起きる呼吸方法や姿勢であることが多く、根本的な問題が解決できないことがあります。

バイオブロック矯正は、歯並びをキレイにすることはもちろん、正しい呼吸をするように顎の骨格を矯正していくことで、顔の表情やいびき、鼻炎、姿勢などが改善されていく効果があります。単に歯並びをキレイにすることだけではなく、身体の健康にも良い影響があります。

後戻りの少ないバイオブロック矯正

一般的な矯正治療では、せっかくきれいになった歯並びが再度悪くなってしまうことがあります。これは、顎の骨格に問題があるまま歯並びだけをきれいにしているためです。

バイオブロック矯正は、顎の骨格を矯正しながら歯並びもきれいにし、呼吸や姿勢も正しい状態に導きますので、きれいになった歯並びが再度悪くなることはありません。

このような方は一度ご相談ください

鼻炎、喘息がある
姿勢が悪い
子どもなのにいびきをかく
子供なのに目の下にクマができている
顔が長くなっている
笑ったときに上の歯ぐきが見える
いつも口がぽかんと開いている
無理に口を閉じると下唇の下が固くなる
口がへの字になっている
前の歯の間に虫歯がある
乳歯列なのに歯に隙間がない
受け口になっている


バイオブロック矯正(プレミア矯正)と
一般的な小児矯正の違い

バイオブロック矯正 一般的な小児矯正
歯並びの改善 歯並びの改善ばかりでなく、顔の成長、呼吸の改善など体全体の健康を目的にしている 歯並びの改善だけを目標にしている
装置の種類 いくつかの装置を使い分ける いくつかの装置を使い分ける
来院間隔 週1回必要に応じて変化することあり 月1~2回必要に応じて変化することあり
治療後の後戻り 基本的にない しばしば後戻りする、後戻りした場合は再治療の必要性がある
呼吸の仕方 口呼吸が鼻呼吸になりポカン口などが改善する。集中力アップや睡眠の質が改善する。 基本的には変化はない。問題があっても改善されない


治療の流れ

STEP1 初診矯正相談

矯正専任カウンセラーが対応いたします。

STEP2 精密検査

CTレントゲン・お口の中の写真撮影・模型作成を行います。

STEP3 検査結果ご報告・治療方法説明

検査の結果と治療の進め方、費用について説明し、ご納得いただいた上で治療を始めます。

STEP4 バイオブロック治療開始

患者様の歯ならびの状態に合った装置をオーダーメイドで作成し、ご使用いただきます。

STEP5 治療終了・経過観察

再度検査を行い、状態が改善されたことを持って治療終了とします。 その後状態が悪くならないように定期的に管理していきます。

子どもの矯正 〜装置の種類 〜

子供の矯正治療に使う装置のご紹介です。 以下にあげられる装置などから、その患者さんの症状に最適なものを使います。

拡大床装置

拡大床装置 アゴを広くするための装置で取り外しが可能です。
中央のネジを回すことで装置が横に広がり、アゴを少しずつ拡大していきます。

マルチブラケット装置より昔からある装置で、比較的よく用いられる装置です。
様々な論文からも広げたアゴは、また狭くなることが矯正歯科の専門家には広く知られた事実ですが、状況的に必要な場合は用います。

この装置を用いて過剰に広げる治療は、後戻りも起こりやすく治療後の状態が不安定になる事があります。

長崎 諫早市 ふじた歯科 子どもの矯正 〜装置の種類 〜
リンガルアーチ

リンガルアーチ 装置に細い針金を追加してつけ、その細い針金をバネのように使って歯を押して歯を移動させます。
基本的に歯を押すことで歯を移動させるため、細かい歯の動きには適しませんが、前歯の受け口(反対咬合)を治す時などにはよく用いられます。

単独で使って歯の生える場所を確保するためにも使います。
奥歯に接着剤で固定し、口の中でつけたまま使用します。

長崎 諫早市 ふじた歯科 リンガルアーチ
マルチブラケット装置

歯の表側に装置をつけて行う矯正治療です。
症例や装置の種類が豊富で、ほとんどの歯並びに適用が可能です。装置が舌に触りませんので、発音や食事などに支障をきたしにくいです。

裏側矯正に比べ、細かな調整が可能で仕上がりが綺麗です。

長崎 諫早市 ふじた歯科 マルチブラケット装置 長崎 諫早市 ふじた歯科 マルチブラケット装置

子どもの矯正
〜知っておきたい基礎知識と子どもの歯並びチェック〜

治療開始の時期

子供の歯並びと言っても、その症状は実に様々です。それぞれで症状に適した治療方法や、その治療開始時期も異なります。

子供の矯正治療(小児矯正治療)は、症状によって治療法も使う装置も、そして治療開始時期も様々なのです。 適切な治療開始の時期を知りたい場合はまず歯並び相談を受けられることをお勧めします。

まずは、何から始めればよいのでしょうか?

子供の咬み合わせの事で悩んだり気になった場合は、まず歯並び相談をお受けになることをお勧めします。当院では無料で相談をさせていただいています。
歯並び相談では、矯正歯科の専門家としての立場から、お子さんの症状にあったアドバイスを親身にさせていただきたいと思います。

歯並び相談では何をするのですか?

歯並び相談では、予測される治療方法やその開始時期やスケジュール、治療費など、その他矯正治療に関わる様々なことを説明させていただきます。また、患者さんの質問に関してもお答えしますので何でも気軽にお聞き下さい。

歯並び相談で治療をすぐに始める必要があると判断された場合は、検査することをお勧めいたしますが、次の検査を行うかに関しては患者さん側の判断にお任せしています。
歯並び相談での説明によくご納得いただいた上で、次の検査に進んで頂きたいと思います。

(原則的に初診相談の日に精密な検査をすることはありません。)
なお、症状によっては、すぐに治療を開始する必要が無いことも多々ございます。

その様な場合は、その後定期的に来院していただき定期チェックを行っていき、治療開始の適齢期になりましたら再度検査することをお勧めいたします。
歯並び相談では痛いことはしませんので、ぜひお子様にその様にお伝えいただき、リラックスして来院して頂ければと存じます。(^_^)

いつ初診相談を受けたら良いでしょうか?

歯並び相談を受ける理想の時期は最も早くて「5歳」頃です。
その理由は、症状によっては5~7歳頃からの治療が決め手となる場合もあるためです。

その様な理由からも5才頃の早めの歯並び相談の受診が理想ではありますが、すべての方が5~7歳頃から治療が必要なわけではございません。
かみ合わせや歯並びに関して不安や疑問を感じたら、何歳でも構いませんので、ぜひ早めに歯並び相談を受けていただくことをお勧めいたします。

くり返しになりますが、症状によってはすぐに治療を開始するとはかぎりませんが、早めに矯正治療の専門家による歯並び相談を受け、歯並びに関する意見を聞くのが理想です。

歯並び相談にかかる時間と費用は?

歯並び相談にかかる時間は約1時間程度です。費用は無料です。
歯並び相談後は説明に使った患者さん個別の資料や、その他の当医院オリジナルの資料をお渡しいたします。

歯並び相談の後はどうするのですか?

患者さんの希望があれば次の検査の予約をさせて頂きます。検査の予約は、ひとまず帰宅してじっくりと検討した後でもかまいません。
症状によっては、すぐに治療を開始する状況では無いことも多々ございますので、その様な場合は約半年~1年ごとに来院して頂き定期チェックしていきます。