ピエゾサージェリー inソウル を受講してきました。

7月の2,3日とソウルでのピエゾサージェリーハンズオンコースを受講してきました。
長崎 諫早市 ふじた歯科

講師のソン先生は、ピエゾサージェリーの世界の第一人者で世界各国でセミナーを開催されています。

インプラント治療において、安全確実に行うためにはピエゾデバイスの利用は不可欠の存在です。また、この基礎、概念の理解は絶対に必要で、技術の習得が成功のポイントになります。

今回の実習は土曜日は昼の2時半から夜の11時まで、翌日は朝9時半から夜の6時までという長時間の講義と実習です。これだけハードで密度の濃いセミナーは初めてです。
でもすごい充実感がありました。

ふじた歯科では、今までもメクトロン社の機械ピエゾサージェリーを所有していました。今回のセミナーで色々な使用法があることを再認識しました。

いやー、目からうろこの内容で、なおかつ技術の進歩が著しく、今回の受講は近年にない収穫のあるものとなりました。

また、外科的な治癒を促進させるフィブリンゲル(CGF)の概念と実習がありました。フィブリンゲルとは、これは添加物を一切含まない、完全な自己血液由来の物質です。

これまで、インプラント治療において、患者さんの骨が足りない時、生物由来や無機質の補てん物(人工骨)などを使用しないといけない場面が多数ありましたが、これで完全に患者さん独自の物質を使えることになります。

もう少ししたら当院でも施術できるようになりますのでご期待ください。