本来の歯の色をご存知ですか

じっくり鏡でご自分の歯の色を見る事がありますか?

ご自分の本当の歯の色をご存知ですか ?

歯というのはもともと真っ白ではありません。個人差があります。
歯の表層には乳白色がかった無色透明に近いエナメル質の層があり、その下に黄色の象牙質があります。

黄色っぽい歯の色は、内部の象牙質の色が透けて見えているわけです。

コーヒーや紅茶、煙草などの着色の影響も大きくあります。
本来の色を取り戻すのであれば、歯科医院で表面をクリーニングし、着色やくすみを取らなければならないのです。 しかし生まれつき持っている歯の色が黄色がかっている人は、どんなに歯を磨いても変わりません

このような方にホワイト二ングをお勧めします。

ホワイト二ング剤は、髪の毛の脱色と同じようなもので、象牙質の黄色い色素を白くしていくものなので、ご自分が持ってらっしゃる歯の色と関係なく白くすることが可能となってきます。
「芸能人は歯が命」なんてCMが一昔前にありましたが、今は気軽にホワイト二ングをできるようになってきました。

当院では患者様のご希望を最大限に最優先いたしますが、ホワイト二ングをされるにあたっていろいろな前準備などが必要となってきます。ご興味のある方はお気軽にご相談くださいね♪