楊貴妃の歯

皆さまは審美治療というとどのようなものとお考えでしょうか?

昔から美しい人の代名詞に歯の白さ・美しさをあらわしているものがあります。

前回も書いた「明眸皓歯」は楊貴妃の美貌を形容した言葉で美しく澄んだ瞳と白く美しい歯の意味をもっています。また17世紀ころ、セルバンテスによって書 かれた「ドンキホーテ」の中にも美しい女性をたたえる言葉として「歯は真珠を並べ」という文章があります。昔から美人さんの代名詞として「白く美しい歯」 がでてきています。

審美治療は見た目を追求するだけのものではなく、歯の機能を回復させるものでもあります。

白く美しくしっかり噛める歯はなんでも美味しく食べることができ、楽しくおしゃべりもでき、笑顔が今以上に魅力的になることでしょう。

人生観も変わるのではないでしょうか?

「明眸皓歯」「歯は真珠を並べ」のように・・美しく白い機能面に優れた歯を目指しませんか♪