顎の痛みについて

こんにちは 長崎県諫早市歯医者のふじた歯科 仲間です。

「口を開けると顎が痛い」「口を開けるとカクッと音が鳴る」「口が開けづらい」などの症状がありませんか?そのような症状があると顎関節症かもしれません。それは噛み合わせや歯並びが関連しています。

例えば、片方の靴を履かないで歩いたとき、バランスが悪くなって膝の関節が痛くなるように、歯並びや噛み合わせがずれていると、顎の関節に負荷がかかってしまい顎の痛みが出てきます。20代から30代の女性に多いといわれています。

〇顎関節症か確認する簡単な方法

口を開け閉めしたりするとこめかみ付近の筋肉が痛むか。

口を開けた時にガクガク、ギシギシ、ミシミシと言った音がするか。

指3本を揃え口の中にはいるかどうか。

などがあります。

〇原因

いろいろな原因が考えられますが、歯並びや歯の噛み合わせが悪いことでこめか付近にある顎の関節に負担がかかり痛みが出る場合が多いです。

また精神的緊張やストレスがあごの周りの筋肉を緊張させ噛み合わせが悪くなり、無理な力が関節にかかってしまい顎の関節に負担をかけることもあります。

歯ぎしりや食いしばりも顎の関節に大きな負担をかけます。

顎関節症の誘因としては原因が1つだけではなく、複数の原因が微妙にからみあっていろいろな症状がでることが多いです。

 

顎関節症は顎を動かさない時は痛くないのに動かすと痛いと言うのが大きな特徴です。

症状は大きく4つに分けられます。

1つ目は口を動かすときに使う筋肉筋の痛み。(咀嚼筋痛障害)

これは下顎を動かす筋肉がうまく働かなくなり口を開けようとすると頬やこめかみの筋肉が痛む状態です。

2つ目は顎関節の靭帯の痛み。(顎関節痛障害)

口を開けようとすると顎関節が痛むねんざのような痛みです。

3つ目は関節円盤のズレによる痛み。(顎関節円板障害)

これが一番多い顎関節症です。クッションのように働いている関節円盤のズレや変形によって口が開かなくなる。そして口を開けたり食事の際に痛みが出ます。

4つ目は関節の骨の変形による痛み。(変形性顎関節症)

長年顎関節症が続いている方や年齢の高い方に見られます。顎関節を構成する骨に変化が生じるものです。

これらが悪化すると食べることに影響が出てきてしまいます。

 

 

〇診断

患者さんへの聞き取り(問診)、あごの動きの検査、あごや口周りの筋肉の痛みの検査、レントゲン検査、必要に応じてMRI検査などを行い、顎関節症以外の同じような症状を呈する疾患を鑑別した上で診断を行います。

 

〇治療

歯ぎしりや食いしばりが顎に負担をかけて顎関節症を悪化させるので、マウスピースを使うことで負担を軽減させます。

・顎のストレッチ

顎の周りのストレッチをすることでこわばった筋肉や靭帯を伸ばし、血流を良くして痛みを和らげます。

・生活習慣の改善

頬杖や歯ぎしり、食いしばりなどの悪習癖は顎に負担がかかってしまうのでこれらが改善するよう指導していきます。

 

・歯並びの改善

ふじた歯科では矯正専門の先生と相談することが出来、矯正治療が行えます。正しい歯並びになることで噛み合わせが改善されます。また、マウスピース矯正(インビザライン)も行っているので見た目も気にならずに矯正をすることが出来ます。